崖っぷち!平塚にあるまちの中華料理屋「百番」が存続の危機 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年12月12日 公開

崖っぷち!平塚にあるまちの中華料理屋「百番」が存続の危機


72年の歴史が終わるか。愛され続けてきた湘南の街中華が瀬戸際!

見せて欲しい、戦後から営み続けてきた底力

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyMzI1MTMjNTY0NTFfdVRjaUxVY2lKTy5qcGVn.jpeg ]

オリンピックイヤー間近、今や年間16万店も新規開店し、同数以上廃業するといわれる激動の飲食業界。神奈川県平塚で72年も愛され続けている中華屋さんが、その危機の波に煽られています。

◾️中華料理屋 百番

http://hyakuban.weblog.tc/

移り変わる時代の中、変わらず営業してきた「百番」の味がここで途絶えてしまうのか。

変わらない味、新しい挑戦をするも、憂き目に

「百番」は、殻つきのカニ身を使用した旨味たっぷりのカニ玉、脂っこくなく女性にも喜ばれるサンマーメンやエビチリ、地元野菜やフリーデンのやまと豚などを使い、50年以上も変わらない味を守ってきました。

また平塚名産品である三色の平塚七夕ラーメンなど、お客様の要望に合わせた新しい挑戦もしてきましたが、3代目のご主人を亡くし奥様が4代目を継ぎ、さらにお店移転などを余儀なくされ、客足が途絶えることもあるそうです。

一人でも多くの方に!〝平塚の味〟として通信販売も

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyMzI1MTMjNTY0NTFfTkZWbm5zQXpnci5qcGVn.jpeg ]

「何故か近くに来ると足が向いてしまうお店です」

「好きなのは、いかにも!と感じる、ナルトが入っているラーメン」

「いつもながらの居心地の良さ」

昭和21年から続く昔ながらのお袋の味に、レビューサイトは愛に溢れた声ばかりです。

現状打破するべく、おもてなしギフトなどの通信販売もはじめ、苦労や涙も厭わず「百番」の味を残していきたい、全国に届けたいという、熱い想いを閉じ込めて再起を図っています。

通信販売ページ

http://hyakuban.weblog.tc/page-13/

値段は餃子470円、サンマーメン780円〜。これからも、地元平塚を元気にする街の中華屋さん。

72歳のおかみさんが1日1日大切に営業している味と心意気、堪能してみませんか?

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyMzI1MTMjNTY0NTFfS2xKQWFqR3hOYy5qcGVn.jpeg ]

中華料理屋 百番

神奈川県平塚市四之宮3-11-14

営業時間:11:30~14:00、17:00~21:30(O.S.21:00)

定休日:毎週火曜日(不定休あり)

電話番号:0463-22-1550

http://hyakuban.weblog.tc/