株式会社ハイファイブのCHROに、reborn株式会社 代表取締役 羽渕彰博氏が就任。 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年1月15日 公開

株式会社ハイファイブのCHROに、reborn株式会社 代表取締役 羽渕彰博氏が就任。


HIGH FIVE SALADの運営やオフィスデリバリー事業などを展開する株式会社ハイファイブ(株式会社ハイファイブ 本社:東京都新宿区、代表取締役:水野裕嗣)に、組織改革専門のバーチャル人事サービス会社を運営する羽渕彰博氏がCHRO(Chief Human resource Officer)として参画しました。

◾️就任の背景

飲食業界は、採用や定着が難しいと言われている業界の一つです。背景には、他の業界と比べて給与が低かったり、休日が少ない、長時間労働などの労働条件が挙げられます。HIGH FIVE SALADはパワーサラダを通じて「ウェルネス」を体現できる場所を提供していきたいと考えております。そのためには当社で働くパートナーがまず「ウェルネス」を体現できる環境作りを大切にしたいと考えております。
その中で組織開発のコンサルティング会社「reborn株式会社」の創業社長である羽渕氏は、人材育成や組織変革を専門に学んだプロフェッショナルであり、常識に囚われない人材育成や評価制度の構築を実施されてきました。今回のCHRO就任によって、業界の常識に囚われない働き方の実現をすることで、事業成長を加速していく考えです。

◾️就任コメント

今回、CHROをお引き受けさせていただいたのは、株式会社ハイファイブ代表取締役 水野 裕嗣の掲げる【夢追人を応援する】という企業理念をに強く共感したからです。私が今まで培った人材採用・育成・評価のノウハウ提供を行うことにより、水野氏のビジョン実現をサポートできるように尽力します。

◾️羽渕 彰博(はぶち あきひろ)プロフィール

1986年大阪府生まれ。reborn株式会社 代表取締役。
2008年にパソナキャリア入社。転職者のキャリア支援業務、自社の新卒採用業務、新規事業立ち上げに従事しつつ、アイデアを短時間で具現化する「アイデアソン・ハッカソン」のファシリテーターとしても活躍。
2016年4月に独立しreborn株式会社を創業。組織変革したい企業様向けの組織コンサルティングサービス『reborn』を提供している。

■株式会社ハイファイブについて(https://highfive.tokyo


「Follow Your Dreams~夢追人を応援する~」を企業理念に掲げ、自分らしく生きる夢追人を応援し、みんなが幸せに暮らせる社会作りを目指しています。
日本初のパワーサラダ専門店「HIGH FIVE SALAD」の運営を始め、卸事業やオフィスデリバリー事業、飲食店コンサルタントなど、飲食ベンチャー企業として挑戦を続ける会社です。

■reborn株式会社について(https://reborn.inc/


企業の持続的な成長のためには、顧客、株主、社員、ビジネスパートナー等、あらゆるステークホルダーのエンゲージメントを高めていく必要があると考えております。一方で、人々の価値観が多様化し、組織を取り巻く環境が高度化・複雑化する中で、従来の画一的な組織マネジメントの手法はもはや通用しなくなりつつあります。あらゆるステークホルダーがお互いの立場や多様な価値観を尊重しあいながら、ミッションを達成する、新しい組織のカタチをrebornから提案していきます。