コロナ禍の影響を受けた飲食店を応援するために“ファン”がクラウドファンディングを立ち上げる「#応援させて」プロジェクトが平均260%以上の達成率で全国で続々成功 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年6月11日 公開

コロナ禍の影響を受けた飲食店を応援するために“ファン”がクラウドファンディングを立ち上げる「#応援させて」プロジェクトが平均260%以上の達成率で全国で続々成功


コロナ禍で売上減の影響を受けた飲食店や宿泊施設等のお店の"ファン"が、お店の許可のもと、お店に代わって支援・応援のクラウドファウンディングを立ち上げる新しい試み「#応援させて」プロジェクトが、大阪市中崎町のカフェ「salon de Amanto 天人」の目標達成率1,115%をはじめとして、平均260%以上の目標達成率で続々と大きな応援を集めることに成功しています。

コロナ禍で売上減の影響を受けた飲食店などのお店の"ファン"が、お店に代わって応援のクラウドファウンディングを立ち上げるという新しい試み、「#応援させて」プロジェクトが、続々と大きな応援を集めて成功しています。

「#応援させて」プロジェクトとは、ファンを大切にし、ファンをベースにして中長期的に売上や価値を上げていくという考え方を提唱した『ファンベース』(ちくま新書)の著者であるコミュニケーションディレクターの佐藤尚之氏が、コロナ禍で苦境にあえぐ飲食店や旅館、ライブハウスや小劇場などをファンの力で支援するために立ち上げたプロジェクトです。
http://www.ouensasete.life

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NzQxMyMyNDU0MTUjNjc0MTNfV01HSkZEd29iWC5wbmc.png ]

通常、クラウドファウンディングはお店自身がプロジェクトを立ち上げ、支援を募ることが一般的ですが、「#応援させて」プロジェクトは第三者であるお店のファンが、お店の許可のもとクラウドファンディングを立ち上げ、集まったお金は直接お店に入ることが大きな特徴です。

2020年5月1日に始まった「#応援させて」プロジェクトでは、既に30件以上の応援クラウドファンディングがファンの手によって立ち上げられており、プロジェクトに応援・支援した方からも「大好きなお店をなんとかしたいと思っていたがどうしていいか分からなかった。喜んで応援します」との感謝の声が多く寄せられています。

「支援金と同金額程度のリターン」が一般的な通常のクラウドファンディングとは違い、コロナ禍の影響を受けたお店になるべく多くのお金が入るよう、本プロジェクトでは「応援金の1/3程度をリターン」と低めに抑えられておりますが、6月10日時点で終了したプロジェクトの9割以上(13件中12件)が目標額を達成しており、大阪市中崎町のカフェ「salon de AManTo 天人」の目標達成率1,115%をはじめとして、13件の平均達成率は約262%となっております。

ファンがクラウドファンディングを通じて応援するだけでなく、「#応援させて」の取り組みを知ったファンが「私もクラウドファンディングを立ち上げて好きなお店を応援したい」とプロジェクト立ち上げを希望する声も続々と寄せられており、コロナ禍の状況の中、ファンが自分たちの愛するお店を「応援させて」もらうという、新しい時代の文化が生まれつつあります。

<「#応援させて」プロジェクト成功事例>
●「大阪市中崎町のカフェ『Salon de AManTo 天人』を #応援させて」概要
大阪市の北区中崎町にある「Salon de AManTo 天人(サロン・ド・アマント)」。この場所は会社員兼映画監督である吉川信幸(44)が、約20年通い続けていたカフェです。天人は単なるカフェではなく、アーティストがライブや演劇をしたり、語学やスキルを学べる文化教室を運営したり、自主映画を上映する映画館を作ったり、ゲストハウスを運営したり、様々な活動しているコミュニティカフェですが、吉川はオーナーであるJUNと過去に何度も共に映画をつくり、天人にて完成した映画を上映してきました。天人がコロナ禍に苦しんでいることを聞いた吉川はお世話になった天人に何か恩返しができないかと考え、「#応援させて」プロジェクトで、クラウドファウンディングを立ち上げました。目標額の30万円を大きく越え、最終的に473人の応援者から334万円以上の応援を集め、目標達成率1,115%となりました。 
https://camp-fire.jp/projects/view/277842

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NzQxMyMyNDU0MTUjNjc0MTNfRkVma1dCVnlPWi5wbmc.png ]

また、本プロジェクトの認知拡大のため、応援者の吉川が自身と天人とのつながりを表す映像という表現手段を用いて「緊急事態宣言が解除される前日の夜」を舞台にした短編映画「はじまりの唄」が完全リモートで自主制作されました。緊急事態宣言が解除される前日の5月25日にYouTubeで無料公開された本作でプロジェクトを知った人も多く、5月25日以降、さらに多くの応援が集まりました。
https://youtu.be/xS9aMw4F5i0

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NzQxMyMyNDU0MTUjNjc0MTNfVlNLaWhyR0FNYi5wbmc.png ]

●天人オーナーJUN氏の声
「目標金額を大きく超えて応援が集まったことに、驚くとともに大変感謝しています。中崎町でもコロナ禍で影響を受けた店舗は多く、ゲストハウスなども多くが閉店となってしまいました。店舗経営者はインターネットに弱い人も多く、また「自分たちを応援して欲しい」と言い出しにくい心理的なハードルもあり、クラウドファンディングという手法は知っていてもなかなか踏み切れない人も多かった。そんな状況下だったので"ファン"の人たちが自発的に「応援させて」とクラウドファンディングを立ち上げていただけるという本プロジェクトは、本当に素晴らしく感謝しても感謝しきれません。今回集まった応援資金は、まずは店舗のお家賃、そしてこれからの時代の新しい営業スタイル構築のために使わせていただく予定です。客席はソーシャルディスタンスを取り、消毒など安心安全な店づくりをします。更に、健康を意識した料理の開発、街で取り込む独自デリバリーの仕組みを作ります。イベント等の運営は、客席を半分にして2部制にしたり、オンライン公演を併設するなどして全国に提供、リアルで見に来て下さった方には、ゆったりしたサービスを提供します。皆様にいただいた応援で、中崎町から全国の人が参考に出来る実践的なやり方を編み出し、ピンチをチャンスに変えていきます」

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NzQxMyMyNDU0MTUjNjc0MTNfVExEdVBUSVd5cC5wbmc.png ]