ダークスピリッツの市場規模、2027年に1,291億米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月9日 公開

ダークスピリッツの市場規模、2027年に1,291億米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ダークスピリッツ市場の成長機会・成長予測 (2021-2027年):タイプ (ウイスキー・ラム酒・ブランデー)・流通経路 (オントレード・オフトレード)・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月8日より開始いたしました。

ダークスピリッツの市場規模は、2019年に872億米ドル、2021年から2027年までのCAGRは6.4%を記録し、2027年には1,291億米ドルに達すると予想されています。2019年のダークスピリッツ市場のシェアでは、ウイスキーセグメントがリードしており、予測期間中もその優位性を維持することが予想されます。

大量生産されたダークスピリッツは、インドなどのアジア太平洋地域の発展途上国で高い普及率を示しています。しかし、過去5年間でプレミアムセグメントの需要が急増しています。さらに、意欲的な消費者は、ユニークで本物の体験を提供するプレミアム製品を好むようになっています。さらに、可処分所得の増加、都市化、中間層の増加がプレミアム製品の市場にプラスの影響を与えています。アルコール飲料を提供するパブやバー、醸造所の数が増加していることから、プレミアムスピリッツは先進国と発展途上国の両方でダークスピリッツ市場の成長を牽引しています。

ここ5年間で、オンラインの食料品・宅配サービスが大きな注目を集めています。このようなプラットフォームの成長は、現在進行中のパンデミックによってさらに加速しています。その結果、業界の関係者は、UberやDeliverooなどの既存のデリバリーサービスと提携しました。しかし、物流技術の進歩、規制の緩和、デジタル接続の増加に伴い、電子商取引チャネルでの販売は高い支持を得て、今後数年間でステークホルダーに成長の機会を提供することが期待されています。さらに、ウイスキーの税金は、米国のそれよりも高いです。

世界最大のウイスキー消費国であるインドでは、ウイスキーの原料に重税を課すことで消費を抑制しています。ウイスキーの主な原料である糖蜜には28%の税金がかけられています。同様に、化学薬品や着色料などの他の原料にも18%以下の税金がかけられています。高額な税金は、消費者に負の圧力をかけ、購買決定に大きな影響を与えます。ウイスキーへの高額な課税により、ダークスピリッツ市場はいくつかの地域で低迷を続けています。

セグメント概要
世界のダークスピリッツ市場は、タイプ、販売チャネル、地域に基づいて分類されています。タイプ別では、世界市場はウイスキー、ラム、ブランデーに分けられます。流通チャネル別では、オントレードとオフトレードに分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAを対象としています。北米は、米国、カナダ、メキシコを対象としています。欧州は、英国、ドイツ、フランス、スペイン、ロシア、その他の地域を対象としています。アジア太平洋地域では、インド、中国、日本、ASEAN、オーストラリア、その他のアジア太平洋諸国を対象としています。LAMEAは、ブラジル、アルゼンチン、UAE、南アフリカ、その他の地域を対象としています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1000288-dark-spirits-market-by-type-whiskey-rum-brandy.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F