100種類以上のお茶が試飲をしながら選べる新しい形のお茶の量り売り専門店AOBAが埼玉県川越市に6月1日グランドオープンいたします - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月1日 公開

100種類以上のお茶が試飲をしながら選べる新しい形のお茶の量り売り専門店AOBAが埼玉県川越市に6月1日グランドオープンいたします


コロナウィルスの影響で在宅ワークや家にいる時間が増え、家で飲むお茶の需要が増え茶葉の売り上げは1割以上増えています。そんな生活の変化に対応して株式会社青葉園は新しい形のお茶専門店AOBAをオープンいたします。日本茶だけなく紅茶や烏龍茶、白茶、ハーブティーなどあらゆる種類のお茶が100種類以上あり、買う前に全て試飲することができます。お茶を説明してくれる店主は日本茶の修行を7年静岡で行なった後、ロンドンへ移住し老舗紅茶店Fortnum&Masonで唯一の日本人として活躍。2020年に日本へ帰りAOBAをオープンいたしました。

 コロナウイルスの影響で在宅ワークや外出ができなくなり家にいる時間が長くなっています。そうした中で家での生活を豊かにしたいと考える人が増え、日本茶や紅茶の茶葉の消費量はコロナ前と比べて1割以上増えています。そんな生活の変化に対応し、株式会社青葉園(本社埼玉県ふじみ野市 代表取締役 飯白源二)はお茶専門店AOBA Tea Dealer and Retailerを埼玉県川越市に6月1日グランドオープンいたします。日本茶だけではなく紅茶や珍しい烏龍茶、白茶やハーブなど100種類以上あるラインナップからゆっくり試飲をしながら選べる新しい形の茶葉量り売り専門店になっております。
 店内には110個の茶箱が並んでおり、それぞれ世界中から選りすぐったお茶が入っています。お客様はその中からお茶の説明を聞き、試飲をしながら選び量り売りで買うことができます。お茶の説明をする店主である飯白福人は、静岡県の製茶会社で日本茶の修行を7年し、その後ロンドンにある英国王室御用達の老舗であるFortnum&Masonで日本人唯一のティーマスターとして働いていたお茶のプロフェッショナルです。
 店内に置いてあるお茶は全てオリジナルのもので、店内でブレンドしフレーバーティーの着香も店主が自ら行なっております。
 本格的でありながら価格も手頃なものが多く、プレオープン時に一番人気だった日本茶である金明水は1000円/100g,紅茶であるAOBAブレンドも864円/50gとなっております。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MzI2NCMyNzI0MDIjNzMyNjRfbkV3em5GaFlXVi5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MzI2NCMyNzI0MDIjNzMyNjRfSkdWTUxTcFZqSi5qcGc.jpg ]

 在宅ワークの息抜きや休日のひと時にいつもと違うお茶を家で淹れてみるのはいかがでしょうか?AOBAでは定番のお茶からまだ日本ではあまり知られていないお茶まで揃っており、必ず自分に合ったお茶が見つけられます。

店舗詳細
名称:AOBA Tea Dealer And Retailer
住所:埼玉県川越市砂新田4−4−6
電話:049−244−9123
URL:https://aobatea.com
Mail:contact@aoba-tea.com
Instagram:@aoba_teadealer