スピルリナ市場規模、2027年に8億9,361万米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月25日 公開

スピルリナ市場規模、2027年に8億9,361万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「スピルリナ市場の成長機会・成長予測 (2020-2027年):タイプ・用途・形態・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月24日より開始いたしました。

スピルリナ市場の概要
スピルリナ市場は、2019年に3億9,360万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて10.5%のCAGRを記録し、2027年には8億9,361万米ドルに達すると予測されています。

栄養価が高く、環境に優しいスピルリナ(Arthrospira platensis)には、高脂血症、血糖降下作用、降圧作用があります。また、スピルリナには、フェノール類、フィコシアニン、多糖類などの機能性化合物が含まれており、抗酸化作用、抗炎症作用、免疫賦活作用があります。また、スピルリナの加工品は、農業、食品産業、薬剤、香料、医療などに採用されています。スピルリナには、ビタミン、ミネラル、フェノール、必須脂肪酸、アミノ酸、色素などが多く含まれているため、スピルリナを食品に使用することは、その化学組成のおかげで人々の健康に恩恵をもたらします。このように、スピルリナはこのシナリオにおいて重要な役割を果たしています。

天然成分に対する需要の増加と、スピルリナ製品の商業化に向けた研究開発投資が、市場成長の主な要因となっています。さらに、政府によるスピルリナの生産促進が市場の成長を後押ししています。しかし、気候変動によるスピルリナ生産への影響は、市場の成長を阻害しています。しかし、発展途上国の未開拓市場や、技術開発によるスピルリナ栽培の容易さは、予測期間中の市場成長を促進する要因となるでしょう。

COVID-19は、COVID-19ウイルスに対する潜在的な救済策として、栄養面での注意やビタミンの必要性に起因して、スピルリナ市場の成長を促進しています。そのため、研究者たちは、COVID-19の発症を遅らせるために藻類が果たす役割に注目しています。さらに、世界保健機関(WHO)などの組織が実施した多くの研究で、COVID-19に対抗する海藻の可能性が認められており、海藻産業のバランスを取る余地が十分にあると考えられています。

世界のスピルリナ市場の分類
スピルリナ市場は、タイプ、アプリケーション、処方、地域に分けられます。タイプ別では、Arthrospira PlatensisとArthrospira Platensisに二分されます。用途別では、栄養補助食品、化粧品、食品・飲料、農業、飼料、その他に分類されます。薬剤の剤型別では、粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒・ゲル化剤に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009359-spirulina-market-by-type-application-formulation.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F