酵母エキスの市場規模、2027年に21億2162万米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年5月25日 公開

酵母エキスの市場規模、2027年に21億2162万米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「2027年までの酵母エキス市場予測-COVID-19の影響と世界の分析、技術別(自己消化、加水分解)、形態別(粉末、ペースト、液体)、用途別(食品・飲料、動物飼料、医薬品など)」(The Insight Partners)の販売を5月24日より開始いたしました。

酵母エキスの市場規模は、2019年の14億5057万米ドルからCAGR4.8%で成長し、2027年には21億2162万米ドルに達すると予測されています。酵母エキスは、ビールやパンの製造に使用される食品香料の一種です。チーズや醤油などの食品に添加して、香ばしい風味を与えます。酵母エキスは、酵母の細胞壁を除いた細胞内容物からなり、缶詰のスープ、冷凍食品、塩味のスナック、シチューなどにも含まれています。酵母エキスには、遺伝子組み換え原料、化学物質、合成添加物、動物由来の原料は一切含まれていません。一方、アミノ酸、ペプチド、タンパク質、ヌクレオチド、ミネラル、ビタミン、その他の栄養素が豊富に含まれています。

2019年、酵母エキス市場では、欧州が最大シェアを占めました。欧州は同市場の主要な収益源であり、酵母エキスのベンダーが多数存在することで、急速に成長しています。欧州では、加工食品の消費量の増加やライフスタイルの変化、有機酵母の使用量の急増などにより、栄養性酵母エキスの需要が増加しています。また、消費者のクリーンラベルや天然素材への嗜好の変化も、この地域の成長に寄与していると考えられます。

COVID-19の酵母エキスに対する影響

COVID-19は、その多様な感染様式から状況をより複雑なものにしています。北米では、COVID-19が発生して以来、症例数が増え続けています。食品・飲料業界では、製造工場が閉鎖され、労働力が不足したため、サプライチェーンの混乱が生じました。政府による貿易制限やロックダウンにより、原材料や特殊成分の供給が制限され、食品・飲料市場のメーカーや流通業者に混乱が生じました。

菜食主義の普及

動物を虐待することなく、より健康的な選択をする、ヴィーガン(完全菜食主義)を採用する人が増えています。例えば、Single Platform 2020に掲載された調査研究によると、2010年から2020年にかけて、米国のビーガン人口は600%増加しています。2017年には、米国の全人口の6%がヴィーガンであると報告されています。さらに、2019年にVegan Societyが登録したヴィーガン商標を持つ製品は1万4262点で、世界108カ国に存在しています。

酵母は、植物や土中に自生する単細胞の菌類で、循環器系や神経系を持ちません。そのため、酵母を摂取することは、動物の苦痛や搾取を伴わず、ヴィーガンの人々に適した選択となります。酵母エキスには、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質などが豊富に含まれており、食感や風味を向上させ、栄養成分を添加します。また、様々な種類の食品の発酵物やパン種として使用されています。このように、菜食主義の急速な普及に伴い、栄養価の高い酵母エキスの使用が増加していることが、市場の成長を牽引しています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tip1000454-yeast-extract-market-forecast-covid-impact-global.html
ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F