【前田海産】辛子明太子輸出に向け『対EU・HACCP認証』取得 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年10月20日 公開

【前田海産】辛子明太子輸出に向け『対EU・HACCP認証』取得


前田海産(山口県下関市)は、県下初となる農林水産省の対EU(欧州連合)・HACCP認証を取得し、10月同省で認定書を受け取りました。輸出品目は「辛子明太子」。

今回認定を受けた本工場で製造する商品は、パスタやパンなど現地の食文化にもなじみやすく、日本食文化としての寿司ネタなどにも利用できるバラコ製品(商品名『MAEDA SAUCE』)です。日本食を紹介する海外番組(ディスカバリーチャンネル/2015年)の取材を受けた際、欧米を拠点とするシェフたちに辛子明太子パスタが好評であったことから、新たな欧米市場も視野に入れ輸出に向けたHACCP取得に取り組み始めました。昨年の対米(FDA)HACCP取得を皮切りに、水産品の輸入に厳格なルールを設けるEU圏に輸出可能な対EU・HACCPを取得し欧米市場へ進出します。

前田海産について
 辛子明太子発祥の地下関にて、辛子明太子専門業として日本で初めて株式会社化(昭和39年法人登記)し、昭和55年には業界初の農林水産大臣賞を受賞したメーカーです。

【会社概要】
会社名:前田海産株式会社
所在地:750-0093 山口県下関市彦島西山町四丁目13番33号
設立:昭和39年4月10日
URL:https://www.maeda.ne.jp/
【本リリースに関するお問い合わせ先】
TEL:083-267-5151
FAX:083-266-7101
担当:広報担当(日、祝、水曜日除く)
e-mail:kouhou@maeda.ne.jp