収納に?ファッションに?販売25周年を迎える「ジップロック」の進化がとまらない - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月30日 公開

収納に?ファッションに?販売25周年を迎える「ジップロック」の進化がとまらない


旭化成ホームプロダクツの「ジップロック」が今年販売25周年を迎える。昨年秋、ジッパーバックの開け口や素材を改良する機能性のリニューアルを図った。また近年は食品保存だけでなく、持ち運びや整理収納などキッチン以外の様々なシーンでその用途を拡大中だ。日用品の整理収納のための世界初の新コンセプトブランド「ジップロックスタイル」や、“透明ファッション”ブームを作り出した「Ziploc×BEAMS COUTURE」など、新商品を発表するたびにSNSを中心に大きな話題となっている。

ジッパー付き保存袋でおなじみの旭化成ホームプロダクツの「ジップロック®」が今年販売25周年を迎える。

1972年にアメリカで誕生した「ジップロック」は、「サランラップ」を展開する旭化成ホームプロダクツから1996年より販売している。現在、国内シェアNo.1※のジッパー付き食品保存バックとして多くの家庭で親しまれており、来年2022年はアメリカ誕生50周年という節目だという。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1OTI2NiMyNzQ5MTQjNTkyNjZfUFFtSE1KclFSQS5wbmc.png ]

近年は食品保存だけでなく、持ち運びや整理収納などキッチン以外の様々なシーンでその用途を拡大中だ。2019年には日用品の整理収納のための世界初の新コンセプトブランド「ジップロックスタイル」を新発売した。

「ジップロックスタイル」は、整理収納プロフェッショナルアドバイザー・中山真由美氏監修のもと、厚手の衣類収納にも使用できる特大サイズの「ストレージバッグ」XLサイズ、マチ付きで自立収納も可能な「マチ付きイージージッパー」 Lサイズ、Mサイズの計3種類のラインナップで展開。昨今、SNSやメディアでさまざまな収納術がシェアされるなど、整理収納が注目されていることもあり、人気を集めている。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1OTI2NiMyNzQ5MTQjNTkyNjZfempWR1BxanZ3Uy5wbmc.png ]

「ジップロック」がキッチンを飛び出し、様々なシーンでの活用が注目されるようになった背景には、2018年に開始したBEAMSのアップサイクルブランド「BEAMS COUTURE」との異色コラボレーションのヒットが挙げられる。“透明ファッション”ブームを作り出した「Ziploc×BEAMS COUTURE」は、新商品を発表するたびにSNSを中心に大きな話題となっている。今年の春も、昨年同様「DEAN & DELUCA」が加わったトリプルコラボのクーラーバックが再登場するも即日完売となった。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1OTI2NiMyNzQ5MTQjNTkyNjZfeHplZEV0Z2d0TS5qcGc.jpg ]

実は、「ジップロック」は昨年秋、ジッパーバックの開け口や素材を改良する機能性のリニューアルをしている。そして4月には、新ブランドメッセージ「HELLO! IDEA」に合わせ、新生活を応援する「ジップロック」を活用したアイディア100個を集めた広告企画を展開し、注目を集めた。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1OTI2NiMyNzQ5MTQjNTkyNjZfSW1iRWZ6bFJTcy5qcGc.jpg ]

ジッパー付き保存用袋として国内シェアNo.1※の実績をもち、食品保存から日用品の整理・収納、そしてファッションアイテムとして活用の幅を広げ続けている「ジップロック」。進化し続けるジップロックの今後の展開に注目だ。
※インテージSRI+ 食品保存バッグ(ジッパー付)市場/2020年6月~2021年5月累計販売金額

公式HP:https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/ziploc/