オーガニックソフトドリンクの市場規模、COVID-19の影響で減少するも、その後回復、2023年まで推定CAGR8.42%で推移、CBDの市場成長に期待 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年7月31日 公開

オーガニックソフトドリンクの市場規模、COVID-19の影響で減少するも、その後回復、2023年まで推定CAGR8.42%で推移、CBDの市場成長に期待


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「オーガニックソフトドリンクの世界市場 2020-2030年:Covid 19による成長と変化」 (The Business Research Company) の販売を7月31日より開始いたしました。

オーガニック清涼飲料水の市場は、水の販売と関連サービスで構成されています。オーガニック清涼飲料水とは、殺虫剤や農薬、食品添加物などを使用せず、電離放射線の影響を受けない飲料のことです。

市場は、2019年の55億5000万米ドルから2020年には53億3000万米ドルに減少し、この間のCAGRは-3.84%になると予想されています。減少の主な原因は、COVID-19の影響によると考えられます。その後、市場は回復し、2023年までCAGR8.42%で推移し、68億米ドル規模に達すると予想されています。

地域別に見ると、2019年の最大市場は北米地域でした。

さらに、市場は、製品タイプ別に、有機ソフトフルーツ飲料、有機ソーダポップス、その他に分類され、流通別に、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、オンラインストアに分類されています。

有機食品や飲料の利点に対する意識の高まりが、市場の成長に貢献しています。オーガニック清涼飲料水は、人工香料や防腐剤を含まない、天然の甘味料や、低カロリーで高栄養価な有機農業による製品から作られています。人々の健康志向が高まり、環境にも安全なオーガニック食品を求めるようになってきています。2019年10月にMintelが発表したレポートによると、オーガニック認証を受けた食品・飲料業界の新規発売は、2009年の6%から2019年には10%へと成長しています。同様に、2018年7月に発表された別のレポートによると、アメリカにおけるオーガニックソーダの市場シェアは、2011年の4億2800万米ドルから2016年の5億4100万米ドルへと過去5年間で22%も増加しています。オーガニック食品の利点に関する意識の高まりが、オーガニック清涼飲料水市場の成長を後押ししています。

清涼飲料水を含むオーガニック製品のコストの高さが、市場の阻害要因となっています。オーガニック清涼飲料水は、従来の清涼飲料水と比較するとコストが高く、例えば、Galvanina - Cola スパークリングソーダ350mlは12本で82.99米ドルであるのに対し、Coco-Cola 330mlは15本で約27米ドルです。高コストの理由としては、化学薬品を使用していないため労働力が必要であること、需要と供給のギャップ、ポストハーベスト処理のコスト、オーガニック認証、高いロスをカバーするためのコスト、オーガニック食品の成長が遅いことなどが挙げられます。これらはすべて企業の負担となり、最終的には製品コストの上昇につながります。

カンナビジオールとヘンプ(CBD)は、オーガニック清涼飲料水の中でも急成長している新しいカテゴリーのドリンクです。2019年1月にNew Hope Networkが実施した230のナチュラルブランドを対象とした調査によると、回答者の65%が1年から2年のスパンでCBDの新製品を発売することを再考しています。CBD飲料を販売する企業を支援する2018年の米国農業法案により、米国では新しいCBD飲料が開発されています。Sati organicsは3つのフレーバーのCBDインフューズドソーダを販売しています。今後も、CBD飲料の増加が見込まれています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc945339-organic-soft-drinks-global-market-report-30-covid.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F