小麦タンパク質の市場規模、2026年に31億米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年4月9日 公開

小麦タンパク質の市場規模、2026年に31億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「小麦タンパク質の世界市場 (~2026年):製品 (小麦グルテン・小麦タンパク質分離物・テクスチャー加工小麦タンパク質・加水分解小麦タンパク質)・用途 (ベーカリー・ペットフード・栄養バー・加工肉・代替肉)・形態 (乾燥・液体)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月8日より開始いたしました。

小麦タンパク質の市場規模は、2021年の24億米ドルからCAGR5.0%で成長し、2026年には31億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、ベーカリー製品の需要拡大、植物性食品の人気の高まり、動物性タンパク質の代替品としての適用、乳糖不耐症の消費者からの需要などにより牽引されています。

COVID-19の小麦タンパク質市場への影響

COVID-19のパンデミックは、小麦タンパク市場に大きな影響を与えています。パンデミックによる食肉生産への影響に対する消費者の認識が高まったことで、消費者は代わりに植物性の代替食品を採用するようになりました。その結果、食肉代替品ブランドの売上は500%以上の伸びを示しました。また、パンデミックにより、消費者がより健康的なライフスタイルを求めるようになったことから、植物性のスナックや乳製品の代替品、サプリメントの売上にも影響を与えました。

牽引要因:乳糖不耐症や健康志向の消費者にとってのメリット

乳糖不耐症とは、牛乳やその他の乳製品に含まれる天然の糖分である乳糖を体内で容易に消化できない性質と定義されています。乳糖不耐症の人の中には、ホエイプロテインアイソレートであれば、消化時に何の問題もない人もいますが、植物性プロテインの方が、より消化が容易であるという人もいます。健康やトレーニングのためにタンパク質の摂取量を増やしたいと考えている人には、植物性の代替品が最も適していると言えます。ホエイプロテインの代わりに使用できる植物性の代替品には、エンドウ豆プロテインアイソレート、玄米プロテイン、小麦プロテインなどがあります。

抑制要因:グルテン不耐症とグルテンフリーの食生活に関する議論の高まり

グルテン不耐症(セリアック病)は、小腸の粘膜に損傷を与え、食物からの栄養素の吸収を妨げる自己免疫疾患です。この障害は主に、大麦、ライ麦、オート麦にも含まれる小麦タンパク質の一種であるグルテンを含む食品を食べたときに起こります。しかし、セリアック病ではないにもかかわらず、胃に不快感を感じる人もいます。アミラーゼ・トリプシン・インヒビター(ATI)は、小麦に含まれるタンパク質の一種であり、これが免疫反応を引き起こし、非セリアックグルテン過敏症(NCGS)を発症させる原因となります。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama995106-wheat-protein-market-by-product-wheat-gluten-wheat.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F