海藻タンパク質の市場規模、2026年に9億8160万米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年3月18日 公開

海藻タンパク質の市場規模、2026年に9億8160万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「海藻タンパク質の世界市場 (~2026年):原料 (赤・茶色・緑)・抽出プロセス (従来法・現行法)・用途 (食品・動物飼料&添加物・パーソナルケア&化粧品)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を3月18日より開始いたしました。

海藻タンパク質の市場規模は、2020年の4億6550万米ドルからCAGR 13.2%で成長し、2026年には9億8160万米ドルに達すると予測されています。海藻タンパク質ベースの製品の健康上の利点への意識の高まり、産業・飼料関連用途の増加、代替タンパク質としての市場拡大などの要因が、同産業の成長を促進すると予測されています。アジア太平洋地域は、原材料の入手が容易であること、気候条件が良好であること、海藻の栽培にかかる人件費が低いことなどから、市場を支配すると考えられます。一方、ヨーロッパ地域は、海藻タンパク質製品の健康上の利点に対する認識が高まっていることから、急速に成長しています。

牽引要因:健康上の利点に関する消費者の認識の高まり

海藻タンパク質ベースの製品の健康効果に関する認識は、消費者の注目を集めている重要な要因の一つです。ダルスなどの紅藻類は、高タンパクです。研究者たちは、これらの海藻タンパク質の中には、タンパク質源としての利用に加えて、人間の基本的な栄養を超えた健康上の利点を持つものがあることを発見し、機能性食品への利用を目指しています。海藻は生理活性ペプチドの源であり、高血圧の抑制や心血管疾患の予防に効果があります。

抑制要因:海藻に含まれる一部の必須アミノ酸(EAA)の濃度が低い

海藻に含まれるEAAの濃度は、バイオマス全体で見ると、トウモロコシや大豆などの従来の原料に比べてかなり低いため、単胃動物の複合飼料のタンパク源としては適していません。トリプトファンやリジンなどのアミノ酸は、ほとんどの海藻種で制限アミノ酸となっています。ロイシンとイソロイシンは赤藻種では一般的に低濃度で存在し、メチオニン、システイン、リジンは褐藻種では検出が制限されます。システインは通常、多くの海藻種に低濃度で存在し、検出できないことも多々あります。しかし、このことで、海藻の低カロリーおよび高ミネラルという利点が損なわれるわけではありません。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama991407-seaweed-protein-market-by-source-red-brown-green.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F