海洋性コラーゲンの市場規模、2026年に11億3700万米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年5月12日 公開

海洋性コラーゲンの市場規模、2026年に11億3700万米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「海洋性コラーゲンの世界市場 (~2026年):タイプ (I型・III型)・用途 (栄養補助食品・化粧品・医療)・原料部位 (皮膚・鱗・筋肉・骨&腱)・原料・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を5月11日より開始いたしました。

海洋性コラーゲンの市場規模は、2021年の7億7800万米ドルからCAGR7.9%で成長し、2026年には11億3700万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、ミレニアム世代の人口増加、消費者の嗜好の変化、美容・パーソナルケア産業の拡大、消費者の副収入の増加などが強く影響しています。海洋性コラーゲン市場のトレンドが融合し、業界の主要プレイヤーに新たな市場機会をもたらしています。また、アジア太平洋地域など経済発展が著しい地域では、海洋性コラーゲン市場の成長と拡大が見込まれています。メーカーは各国の需要増に対応するために、有望な地域に投資し、商品の製造拠点を拡大しています。

牽引要因:化粧品業界での海洋性コラーゲンの需要拡大

海洋性コラーゲンは、シワの形成を防ぎ、肌の再生プロセスを促進し、髪の構造と強度を維持するのに役立ちます。そのため、海洋性コラーゲンは、スキンケアやヘアケアなどの化粧品を中心に好まれる成分となっています。美容・パーソナルケア業界が提供するメリットに対し、消費者の認識が高まっていることから、海洋性コラーゲンの需要は堅調なペースで増えると予想されます。

抑制要因:コラーゲン製品に対する高い輸入関税

コラーゲンやその関連製品を輸入する際にかかる高い関税が、市場の成長を妨げています。高い関税は、製品コストの上昇につながり、消費者は購入を控えるようになります。さらに、欧州や北米の国々は、製品を製造するためのコラーゲンを輸入に依存しています。高い輸入関税により、これらの地域の市場成長が制限されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama998618-marine-collagen-market-by-type-type-i-type-iii.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F