都心部1,000店舗以上の飲食店に野菜を届ける八百屋が、新聞販売店と組み野菜宅配サービス「NIKKEIマルシェ」を開始。好評につき4エリアに拡大! - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年5月12日 公開

都心部1,000店舗以上の飲食店に野菜を届ける八百屋が、新聞販売店と組み野菜宅配サービス「NIKKEIマルシェ」を開始。好評につき4エリアに拡大!


本サービスは、日本経済新聞購読者向けに、コロナ感染リスクを恐れ、スーパーに行くのをためらう人たちの買い物をサポートしたいとの想いから誕生しました(営業日は店により変わります)。単品からお得なセットまで幅広い品揃えの野菜を、前日 18 時までの注文で翌日に配達。1,000円以上の注文で送料無料にてお届け。注文は電話・FAX・LINEから選べて簡単に行うことができます。緊急事態宣言以降と、都の「スーパーに行くのは3日に1回」の要請以降、注文数が急増しています。好評につき、先行していた都立大学に加えて、5/11週より西麻布、落合、錦糸町・平井の計4エリアに拡大しました。今後は新聞購読者以外の一般家庭に自社便で直接宅配する計画をしており、より利便性を向上させてまいります。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjA5OCMyNDI2NTUjNjYwOThfZHlJcFFBaUxGVy5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjA5OCMyNDI2NTUjNjYwOThfU2hUcHZOSlZYbi5qcGc.jpg ]
飲食店への業務用野菜の卸売などを手掛ける司企業株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:池田将義)は、日本経済新聞専売店のニュースサービス日経(NSN) 都立大学と提携し、一般家庭を対象にした野菜宅配サービス「NIKKEIマルシェ」をスタートしました。自社の物流ネットワークと新聞店の配達網を活用し、1,000円以上の注文なら送料無料で新鮮な野菜を届けます。

▼ 司企業株式会社|公式サイト:https://www.tsukasaweb.jp/

■コロナ感染リスクを恐れ、スーパーに行くのをためらう人たちの買い物をサポート
新型コロナウイルスによる外出自粛要請が長期にわたり続いています。食品など生活必需品の買い物に行くことは認められているものの、感染リスクを考えると、人との接触が避けられないスーパーなどに出かけることを躊躇う人も少なくありません。

そこで、都心部の1,000店舗以上の飲食店に野菜を卸している司企業は、一般家庭への宅配サービスの実現に向け行動を開始。食の企画会社であるFRIDGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表者:大西浩嗣)の協力を得て、まずはNSN都立大学と提携し、3月上旬より日本経済新聞購読者向けにサービスを開始しました。

都の「スーパーに行くのは3日に1回」の要請以降、注文数が急増しています。好評につき、5/11週より西麻布、落合、錦糸町・平井の計4エリアに拡大しました。今後は並行して新聞購読者以外の一般家庭に自社便で直接宅配も計画しており、より利便性を向上させてまいります。

■前日注文で翌日配送、年内に23区全域に対応エリアを拡大
本サービスは、各配達エリア内の新聞購読者なら、前日 18 時までの注文で翌日に届けることが可能(営業日は店により変わります)。注文は電話・FAX・LINEから選べて簡単に行うことができます。

通常の宅配便を使用した食材宅配サービスは、一般的に配送料の負担が大きくなりがちです。しかし本サービスは、司企業が有する自社便で販売店まで一括で運び、そこから各家庭まではNSNの車両で届けるため、配送コストを格段に安くできるのが大きな特徴。そのため1,000円以上の注文なら送料無料でのお届けが実現しました。また、毎日新聞配達に来ている信頼できるスタッフが自宅まで届けてくれるというのも、安心感につながります。

今後は並行して、都心部30本の自社物流ネットワークを生かし、新聞購読者以外の一般家庭への宅配も開始します。他のNSN店舗との提携も進め、年内には23区全域に、その後さらに都下や首都圏全域へと広げていく予定です。創業70年の老舗の八百屋として、これからも、新鮮な野菜を低コストでスピーディーにお届けできるよう貢献してまいります。

【ニュースサービス日経 店舗】※お問い合わせは司企業まで
■NSN都立大学
東京都目黒区碑文谷4-23-2
■NSN西麻布
東京都港区西麻布2-9-9
■NSN落合
東京都新宿区西落合2-9-10
■NSN錦糸町・平井
東京都墨田区東駒形4-22-10