(エアー)ドライブスルーでのBBQセット販売の初回キャンペーン分が完売。おうちでバーベーキュー【沖縄ステーキ】【Dikitoon.com】 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年4月19日 公開

(エアー)ドライブスルーでのBBQセット販売の初回キャンペーン分が完売。おうちでバーベーキュー【沖縄ステーキ】【Dikitoon.com】


沖縄ステーキ(OKsteak)では、ドライブスルー方式でのBBQセットやステーキ弁当の販売を開始しました。4月18日(土)のサービス開始時のキャンペーン商品(10点)は、「BBQセット2人前」で、開店から10分程度で完売となり、観光客で溢れかえっていた、つい最近までの沖縄県那覇・国際通りの賑わいを彷彿させるものでした。https://oksteak.dikitoon.com で受取時間を指定して、Apple PayやGoogle Payまたはクレジットカードで注文・決済をします。注文時に車種やナンバー、車の色などを指定しておいて、店舗近くの路上で商品を車窓越しでお渡しします。沖縄ステーキを運営するハンズオンカンパニーの梶原健太郎専務は「外出が難しい時期だが、気分転換に自宅や庭でBBQし、非日常感を楽しんでほしい」と話しています。

 那覇市国際通りのれん街に入居する沖縄ステーキ/みずとみ精肉店を運営する株式会社ハンズオンカンパニー(沖縄県那覇市、市川哲代表取締役)は18日、沖縄タイムス社(沖縄県那覇市、武富和彦代表取締役社長)が試験運用中のスマホ注文サービスDikitoon.com(ディキトーン・ドットコム)を活用して、BBQセットのドライブスルー販売を始めました。

 政府による非常事態宣言が全都道府県に拡大される中、外出自粛ムードが急速に広がり、ほとんどのサービス業は苦境に陥っています。日々の売り上げから家賃や人件費などの固定費などを支払っている飲食店にとって、来店客数の激減は経営の危機と言っても過言ではありません。

 一方、新型コロナウイルスの感染を防ぎ、これ以上の被害を食い止めるのは全世界共通の目標です。その狭間で悩みながら、たどりついた解決策がBBQセットのドライブスルー販売でした。Dikitoon.comのサービスの一つ「お車にお届け」なら、お客さまが車から降りることなく商品を受け取ることできます。人との接触を減らせ、コロナ感染の予防にもつながります。

 BBQセットには、カルビ160g・豚肉160g・鶏肉160g・ソーセージ2本・つくね2本・イカ串2本・殻付ホタテ2個・焼き野菜・BBQたれ・塩こしょうが含まれています。

 お客さんは、まず、Dikitoon.comで「お車にお届け」として受取日時を指定して注文します。指定時刻に店舗近くの指定場所にて車窓越しに商品をお渡しする仕組みです。お客さんは、クルマから下車する必要も、当然、駐車場にクルマを停める必要も、駐車場代を払う必要もないので、とても便利です。 本物のドライブスルーのような設備はありませんが、ドライブスルー同様の利便性を享受できることから、Dikitoon.comでは、この仕組みを「エアードライブスルー(ADT)」と呼んでいます。

 4月18日の本サービス開始時には、10点のBBQセット(お買物券付き。現在は完売により終了)が開店後10分程度で完売となりました。沖縄ステーキを運営するハンズオンカンパニーの梶原健太郎専務は「外出が難しい時期だが、気分転換に自宅や庭でBBQし、非日常感を楽しんでほしい。コロナ感染を防ぐため、家で過ごさざるを得ない日々が続きます。いつ終わるのかも分からない先の見えない状況でも食事は必要です。ハンズオンカンパニーは、食べることで元気を出していただきたいと思い、家族で楽しめるBBQセットを作りました。閉塞感すら漂いますが、おいしい料理があれば、みんなが笑顔になり、明日も頑張れる活力につながると信じています」と話します。

 沖縄ステーキが、今後、エアードライブスルー(ADT)で提供する商品は、もちろん、BBQセットにとどまりません。名物!沖縄ステーキ(1,180円)をはじめ、和牛焼肉弁当(980円)や和牛ステーキ弁当(1,480円)、和牛厚切弁当(1,180円)、OKステーキ弁当(780円)など多彩なメニューを用意しています。

 Dikitoon.comは、沖縄タイムスが試験運用中の事前注文/決済サービスで、新型コロナウィルス対策に取り組む飲食店を無料で掲載する応援サイト(C対策サイト)も開設しています。

【C対策サイトについて】

 新型コロナウィルスと連呼するとげんなりしてきて食欲もなくなりそうなので、私たちはこの事態への対策を「C対策」と呼んでいます。C対策サイトでは、各飲食店が、手洗いの徹底、消毒液の設置などの具体的なC対策を、どのように行っているのかを消費者に知らせることができます。飲食店は専用サイト https://c.dikitoon.com/ で無料アカウントを作成し、店舗を選択。その後、自店が実施しているC対策をチェックするだけです。入力結果は、Dikitoon.comに反映されます。

 飲食店は、テイクアウトメニューの情報も掲載可能で、2020年4月18日現在、77店の店舗が登録されています。登録は無料で、日本全国の飲食店が登録可能です。今後、沖縄タイムス紙面やウエブサイトで紹介していく予定です。全国の飲食店に登録を呼びかけております。

 消費者は、https://dikitoon.com/ にアクセスして、GPS測位を許可するか、二本指で地図を動かしてボタンを押します。すると、自分のいる場所から近い順で登録済の飲食店が表示され、それぞれのお店のC対策の内容やテイクアウトメニューを確認できます。

【Dikitoon.comの意義について】

 Dikitoon.comは、沖縄タイムスが試験運用中の事前注文/決済サービスです。次のような意義があると考えております。

①コロナ対策

 「お車にお届け」「お持ち帰り」といったテイクアウトメニューで、接触する人や回数をできるだけ減らし、新型コロナウイルス感染の予防に努める。

②飲食店の売上げ回復

 客足の途絶えた飲食店のテイクアウトメニューや取り組みを、沖縄タイムス紙面やウエブサイトで幅広く県民に伝達。消費回復につなげ、飲食店の経営改善につなげる。