日本最大級の農業生産法人(株)西部開発農産が自社農畜産物を使った「きたかみ牛すじカレー」と小麦粉「銀河のちから」(強力粉)/「ネバリゴシ」(中力粉)を発売! - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年3月27日 公開

日本最大級の農業生産法人(株)西部開発農産が自社農畜産物を使った「きたかみ牛すじカレー」と小麦粉「銀河のちから」(強力粉)/「ネバリゴシ」(中力粉)を発売!


耕作面積900haを超える日本最大級の農業生産法人(株)西部開発農産は自社生産の黒毛和牛「きたかみ牛」の牛すじを使用したレトルトカレー「きたかみ牛すじカレー」と自社生産の小麦「銀河のちから」(超強力小麦)/「ネバリゴシ」(中力小麦)を使用した小麦粉を発売しました。(株)西部開発農産のホームページ、直営店「せいぶ農産発 焼肉DINING まるぎゅう」の他、4月1日より岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」で発売致します。「きたかみ牛」はかつて肉質日本一に輝いたこともある黒毛和牛で牛すじは低カロリー、高蛋白質で栄養満点、コラーゲンも豊富でボリュームを減らさず、カロリーを抑えた食事をとることができます。「銀河のちから」はプロのパン職人も認めるグルテンの強さでブレンドせずに良いパンをつくることができます。「ネバリゴシ」は麺の生地作りだけでなく、フォカッチャにも最適です。

かつて肉質日本一に輝いたこともある「きたかみ牛」の牛すじを使用したレトルトカレーが新登場!

低カロリー、コラーゲン豊富で栄養満点の「きたかみ牛すじカレー」発売

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjc3MyMyMTgyMDYjNTI3NzNfd1BtQ0djWnZ6QS5qcGc.jpg ]

日本最大級の農業生産法人(株)西部開発農産は、かつて肉質日本一に輝いたこともある自社生産の黒毛和牛「きたかみ牛」の牛すじを使用したレトルトカレー「きたかみ牛すじカレー」を発売しました。きたかみ牛すじカレーは一昨年の10月にオープンした自社直営店「せいぶ農産発 焼肉DINING まるぎゅう」のシェフが味を監修し、牛すじと野菜の旨味を引き出し、ガラムマサラとクミンをきかした中辛タイプのカレーです。

西部開発農産のホームページ、直営店のホームページ及び直営店で販売しておりますが、4月1日(月)より岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」で発売致します。また、「らら・いわて盛岡店」での発売も4月中に予定しております。

【きたかみ牛すじカレーの概要】

商品名:きたかみ牛すじカレー

種類別:レトルトカレー

内容量:200g(1人分)

希望小売価格:700円(税別)

保存方法:常温

せいぶ農産公式ネットショップ、直営店「せいぶ農産発 焼肉DINING まるぎゅう」、岩手県産株式会社の各店(4月1日より)よりご購入頂けます。

URL:

https://www.seibu-kaihatsu.com/(西部開発農産公式ホームページ)

https://www.seibu-marugyu.com/  (直営店「せいぶ農産発 焼肉DINING まるぎゅう」ホームページ)

http://www.iwate-ginpla.net/ (岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」ホームページ)

https://www.iwatekensan.co.jp/shop/lala/ (岩手県産株式会社「らら・いわて盛岡店」ホームページ)

【きたかみ牛すじカレーの特徴(ここがポイント!)】

・具材にかつて肉質日本一に輝いたこともある、岩手県北上市が誇るブランド黒毛和牛「きたかみ牛」の牛すじ肉を使用しています。牛すじ肉はサーロインよりずっと低カロリー、高たんぱく質でコラーゲンも豊富です。和牛のサーロインのカロリーは498kcal(100gあたり)に対して牛すじ肉のカロリーは155kcal(100gあたり)です。ボリュームは減らさず、カロリーを抑えた食事をとることができます。

・牛すじ肉と野菜の旨味を引き出しています。

・ガラムマサラとクミンをきかした中辛タイプのカレーです。

・日本最大級の農業生産法人(株)西部開発農産の直営店「せいぶ農産発 焼肉DINING まるぎゅう」のシェフが味を監修、プロのカレーの味をご賞味いただけます。

・製造は日本のレトルト食品業界をリードするハウス食品グループであるサンハウス食品株式会社が担当しています。

【きたかみ牛とは】

きたかみ牛は肉質4等級以上で奥羽山脈と北上山系に囲まれた北上市内で育てられた黒毛和牛のことを言います。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjc3MyMyMTgyMDYjNTI3NzNfbVhnc09sVFZObC5wbmc.png ]

<主なブランド牛の肉質等級>

肉質5等級のみ:仙台牛

肉質4から5:佐賀牛、神戸ビーフ、前沢牛、きたかみ牛、宮崎牛、など

肉質3から5:米沢牛、いわて牛、など

【せいぶ農産発 焼肉DINING まるぎゅう】

日本最大級の農業生産法人(株)西部開発農産が2017年10月に開店した直営店。地産地消をコンセプトに岩手県北上市が誇るブランド黒毛和牛「きたかみ牛」をはじめ、米、味噌、野菜、小麦粉(冷麺などに使用)など自社生産している地元の農畜産物を使用した料理を提供しています。場所は東北自動車道北上江釣子インターを降りて、車で5分、またはJR北上駅から車で5分。イオン・パルショッピングセンターの裏、えづりこ古墳公園の隣にあります。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjc3MyMyMTgyMDYjNTI3NzNfTVh6QmlZQ1hNYy5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjc3MyMyMTgyMDYjNTI3NzNfd3F3QUlCR0ZkWi5qcGc.jpg ]

プロが認めた高品質で安心安全な国産小麦粉でホームベーカリー!

(株)西部開発農産が自社小麦を使用した強力粉「銀河のちから」と中力粉「ネバリゴシ」を発売

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjc3MyMyMTgyMDYjNTI3NzNfVHVVSGF6Q1JiTC5qcGc.jpg ]

(株)西部開発農産は自社農場で栽培した小麦を使用した強力粉「銀河のちから」と中力粉「ネバリゴシ」を発売しました。安心・安全で環境にやさしい圃場で栽培する圃場に与えられる国際認証ASIA GAPを取得し、国産の安心感のある小麦を使用した小麦粉です。近年、国産小麦粉に対する需要が増えており、西部開発農産の小麦粉についてもプロのパン職人から高く評価され、パン屋さん、外食企業での採用が増えています。この度、毎日食べるパンをシンプルな材料でおいしく、かつ簡単に作れるパンレシピを料理家の吉永麻衣子さんに作成いただき、ホームベーカリー用として小麦粉500gと1kgパックの2種類を商品化しました。

せいぶ農産公式ネットショップで販売しておりますが、4月1日(月)より岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」で発売致します。「らら・いわて盛岡店」での発売も4月中に予定しております。

【強力粉「銀河のちから」の概要】

商品名:強力粉「銀河のちから」

種類別:小麦粉

内容量:500g/1kg

希望小売価格:435円/700円(税別)

保存方法:常温

【中力粉「ネバリゴシ」の概要】

商品名:中力粉「ネバリゴシ」

種類別:小麦粉

内容量:500g/1kg

希望小売価格:435円/700円(税別)

保存方法:常温

せいぶ農産公式ネットショップ、岩手県産株式会社(4月1日より)よりご購入頂けます。

URL:

https://www.seibu-kaihatsu.com/(西部開発農産公式ホームページ)

https://www.seibu-marugyu.com/  (直営店「せいぶ農産発 焼肉DINING まるぎゅう」ホームページ)

http://www.iwate-ginpla.net/ (岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」ホームページ)

https://www.iwatekensan.co.jp/shop/lala/ (岩手県産株式会社「らら・いわて盛岡店」ホームページ)

【特徴】

・日本人好みのモチモチとした食感、きめの細かさと味わい深さがお楽しみいただけます。

・「銀河のちから」は強靭なグルテンを持つ超強力小麦ですが、西部開発農産の「銀河のちから」は程良いグルテンの強さのためブレンドせずに良いパンがつくれます。プロのパン職人も認める高品質な岩手県産小麦粉です。ご家庭のホームベーカリーでもプロと同じ食パンが楽しめます。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjc3MyMyMTgyMDYjNTI3NzNfU0JlUnJFY1lYVi5KUEc.JPG ]

・「ネバリゴシ」は高たんぱく、低アミロース小麦で製麺に向いていますが、麺だけでなく、フォカッチャにも最適です。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjc3MyMyMTgyMDYjNTI3NzNfTWZpZVlkWVF0by5KUEc.JPG ]

・低温長時間冷蔵法による発酵でミキシング時間が短縮できるなど作業効率が高いです。

・毎日食べるパンをシンプルな材料でおいしく、かつ簡単に作れるパンレシピを「おうちパンマスター」の代表講師として活躍中の吉永 麻衣子さんに作成いただきました。ご家庭の冷蔵庫を使って発酵させ、焼成もフライパンでできるパンを提案しています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjc3MyMyMTgyMDYjNTI3NzNfQnpVYnRVQ2VRYS5qcGc.jpg ]

【株式会社西部開発農産について】

岩手県北上市を中心に地元の農地を守るために設立された農業生産法人。昭和61年の設立以来、離農する農家が後を絶たず、農地を引き受けてきた結果、現在は耕作面積900haを超える大規模農業を営む日本最大級の農業生産法人となりました。主力の米穀(米・小麦・大豆・蕎麦)をはじめ、野菜(ベビーリーフ・アスパラなど)、畜産(黒毛和牛)、加工/飲食と多角化経営を進めてきました。GAP認証の取得もいち早く行い、「食の安心安全と喜びを提供」することにこだわりを持っています。

住所:〒024-0335岩手県北上市和賀町後藤1-333

電話:0197-73-6471 ファックス:0197-73-6475

URL:https://www.seibu-kaihatsu.com

設立:昭和61年4月

資本金:2,697万円

売上高:516百万円(平成30年3月期)

従業員数:108名

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjc3MyMyMTgyMDYjNTI3NzNfcFh3VVl1dHJxbC5naWY.gif ]