霊芝の市場規模、2027年に50億5,940万米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月11日 公開

霊芝の市場規模、2027年に50億5,940万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「霊芝 (マンネンタケ) 市場の成長機会・成長予測 (2021-2027年):形態 (液体・粉末)・エンドユーズ (医薬品・栄養補助食品・化粧品&パーソナルケア)・原料 (有機品・従来品)・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月10日より開始いたしました。

霊芝の市場規模は、2019年に30億9,690万米ドルとなり、2021年から2027年にかけて8.1%のCAGRを記録し、2027年には50億5,940万米ドルに達すると予測されています。2019年の霊芝市場規模では、粉末霊芝セグメントが最も高いシェアを占めています。霊芝は、約2000年前から漢方薬として使用されてきたキノコの一種です。霊芝は、表面が鮮やかで木質感があり、深みのある赤色をしており、一般的には樫の木や梅の木で栽培され、漢方薬として使用されていますが、現在では地域的にも拡大しています。

近年、健康や治療に役立つ機能性飲料素材の需要が高まっています。また、消費者の健康意識の高まり、消費者支出の増加、広告による製品認知度や知識の増加などにより、霊芝の需要が増加しています。さらに、消費者は、簡略化されたラベル、無添加・無防腐剤、非遺伝子組み換え、認識可能な成分リストなど、持続可能な方法で入手された食品・飲料への関心を高めています。これは、霊芝製品の需要を促進する最も重要な要因の一つです。さらに、霊芝パウダーを化粧品やパーソナルケア製品の原料として使用する動きが活発になっています。これは、霊芝の優れた抗酸化作用、老化防止、シワ防止、美白、保湿などの効果が、化粧品の理想的な原料となっているためです。そのため、いくつかの多国籍ブランドが、霊芝を主成分とするパーソナルケア製品を徐々に開発・発売しています。しかし、霊芝を使った製品は他の製品に比べて価格が高いため、霊芝市場の成長を妨げる要因となっています。

一方で、消費者は、健康的なライフスタイルに高い付加価値を与える食用品を常に選択しています。そのため、消費者の健康意識の高まりにより、栄養価の高い有機栽培製品の需要が高まっています。このように、有機栽培の霊芝製品の採用が急増していることは、霊芝の生産者にとって、市場基盤の成長と拡大のチャンスと考えることができます。

COVID-19の感染拡大に伴い、霊芝市場は労働者の不足による生産能力への影響が大きくなっています。さらに、卸売市場が閉鎖されたため、生産者はキノコ製品の販売をスーパーマーケットや電子商取引に頼らざるを得なくなりました。このように、霊芝の市場はパンデミックの影響を大きく受けました。

しかし、霊芝は治療用製品とみなされているため、近い将来、需要が高まることが予想されます。これは、消費者が健康維持や免疫力向上のために、栄養補助食品の消費を増やしているためです。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1006071-reishi-mushroom-market-by-form-liquid-powder-end.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F