冷凍食品の市場規模、2025年には3123億米ドルに到達予測 小売業界のデジタル化が市場の成長を後押し - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年10月27日 公開

冷凍食品の市場規模、2025年には3123億米ドルに到達予測 小売業界のデジタル化が市場の成長を後押し


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「冷凍食品の世界市場:製品別 (果物・野菜、乳製品、食肉・魚介類)・種類別 (原材料、半調理品)・消費先別・流通チャネル別・地域別 (北米、欧州、アジア太平洋地域、南米、中東・アフリカ) の将来予測 (2025年まで)」 (MarketsandMarkets) の販売を10月27日より開始いたしました。

冷凍食品の市場規模は、2020年の2443億米ドルから2025年には3123億米ドルに達し、CAGR5.0%で成長すると予測されています。小売業の発展、インスタント食品の需要の高まり、コールドチェーン市場の技術進歩が市場の主な推進要因となっています。一方、生鮮食品や自然食品への嗜好の高まりは、冷凍食品市場の抑制要因となっています。

推進要因:インスタント食品の需要の高まり

インスタント食品に対する消費者の嗜好の高まりは、調理に時間と手間がかからないため、冷凍食品の需要を間接的に後押ししています。加工食品市場は、消費者の多忙なライフスタイルに起因する利便性へのニーズに牽引されています。これにより、冷凍製品の需要が増加します。また、可処分所得の増加も、消費者の購買力を高めるため、市場の成長に大きな影響を与えます。

抑制要因:生鮮食品や自然食品への嗜好の高まり

一部の消費者にとって、冷凍食品は生鮮食品の代替品と考えられており、同市場の大きな抑制要因となっています。消費される1年以上前に加工された食品は栄養価が低いという考え方もあります。しかし、米国食品医薬品局(FDA)や国際食品情報評議会(IFIC)が、冷凍食品の栄養成分について、冷凍食品は生鮮食品と同じくらい栄養価が高い、という声明を出したことで、消費者の認識が変わりつつあります。温度が変化する環境で保存されている食品は、栄養素が失われてしまうことがあります。冷凍食品は一定の低温で保存されているため、このような必須栄養素が失われることはありません。

市場機会:小売業界のデジタル化

市場を牽引している最新のトレンドには、オンラインでの食料品の購入や新しいアプリの導入などがあり、消費者が好みの商品を選ぶのに便利になっています。消費者は利便性と多様性という特徴から、オンラインショッピングに向かう傾向があります。2018年には全人口の25%近くがオンラインの小売チャネルで食品や食料品を購入しました。インターネットとスマートフォンの普及に伴い、食料品の小売ショッピングは、食品を展示・販売するためのプラットフォームの1つとして台頭してきています。

課題:発展途上国におけるコールドチェーンインフラの不足の欠如

コールドチェーン・ロジスティクスは、どの国でも冷凍食品の市場シェアを拡大するための不可欠な要素であることが証明されています。しかし、発展途上国では、コールドチェーンのインフラが未だに不足しており、国民に安全な冷凍食品を供給することができません。冷凍食品は賞味期限が長いものの、発展途上国ではインフラが整っていないため廃棄されやすく、冷凍食品メーカーにとっては損失となっています。同地域の金融危機による投資不足が、コールドチェーン物流ビジネスの減速の一因となり、冷凍食品市場を抑制しています。バングラデシュ、南アフリカ、ミャンマーなどの発展途上国におけるインフラの貧弱さもまた、冷凍食品の輸出入ビジネスに直接影響を与えています。しかし、これらの国々では、都市部の消費者の間でインフラへの需要が高まっているため、市場への投資につながっています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama955759-frozen-food-market-product-fruits-vegetables-dairy.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F