酵母の市場規模は2020年の39億米ドルから2025年には61億米ドルに到達 ベーカリー製品の需要が最大シェアのパン酵母部門を牽引 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年8月24日 公開

酵母の市場規模は2020年の39億米ドルから2025年には61億米ドルに到達 ベーカリー製品の需要が最大シェアのパン酵母部門を牽引


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「酵母の世界市場:タイプ (パン酵母、醸造酵母、ワイン酵母、プロバイオティクス酵母)、形態(活性酵母、インスタント酵母、生酵母)、属性(サッカロミセス、クルイベロミセス)、用途(食品、飼料) - 2025年までの予測」 (MarketsandMarkets) の販売を8月24日より開始いたしました。

酵母の市場規模は2020年の39億米ドルから2025年には61億米ドルに達し、CAGR9.6%で成長すると予測されています。酵母は、最も汎用性の高い微生物の一つであり、食品・飲料製品の生産に使用されています。酵母の商業化は、酵母産業に転換期をもたらしました。ベーカリー製品の需要、世界的なアルコール飲料の購入傾向、燃料としてのバイオエタノールなどにより、市場は世界的に成長しています。

健康への関心の高まりから、天然由来の食品添加物の需要が大幅に増加しており、市場の成長を牽引すると予測されています。しかし、紅麹エキス製品の使用に関する安全規制は、この市場の成長を阻害すると予測されます。

タイプ別では、パン酵母部門が最大シェアを占める

タイプ別では、パン酵母部門が市場を支配すると予測されます。これは、食品や飼料などの産業におけるパン酵母の費用対効果と幅広い用途に起因しています。パン酵母市場の成長は、ベーカリーアイテムの消費量の増加に直結しています。先進地域におけるベーカリー製品、特にパンの消費量の増加は、パン酵母市場の成長を牽引すると予測されています。さらに、全インドパン製造者協会(AIBMA)によると、インドの推定一人当たりのパン消費量は1.5kgから1.75kg近くに増えています。パンを中心としたベーカリー製品の消費量の増加は、パン酵母部門の市場成長に寄与しています。

用途別では、食品部門が大きなシェアを占める

用途別に見ると、市場は食品と飼料に分類されています。食品部門は、ベーカリー製品の消費量が多いため、より大きなシェアを占めると推定されています。クリーンラベルやフリーフロム製品の需要の増加に伴い、天然抽出成分の消費が増加しており、市場の成長を牽引すると予測されています。

欧州が最大のシェアを占める

欧州が最大の市場シェアを占めています。欧州地域の加工食品・ベーカリー業界は、消費者のライフスタイルの変化と可処分所得水準の上昇により、大きな成長が報告されています。欧州の酵母市場は、加工食品の消費量の増加、アルコール消費量の増加、酵母の栄養価に対する意識の高まりにより、大きな成長をとげました。欧州連合の市場は、主にパン製造用途に集中しています。ケーキ、パン、ペストリー、アルコール飲料の消費量が増加していることから、欧州各国では酵母の需要が増加しています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama940001-yeast-market-by-type-bakers-yeast-brewers-yeast.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F