お豆冨ハンバーグ“鎌倉バーグ”が出汁茶漬け丼に。9月1日から新メニュー、たっぷりの香味野菜と小葱を乗せ、鰹節と昆布の出汁 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2019年8月29日 公開

お豆冨ハンバーグ“鎌倉バーグ”が出汁茶漬け丼に。9月1日から新メニュー、たっぷりの香味野菜と小葱を乗せ、鰹節と昆布の出汁


お値段は税込1,500円です。丼ものとして、お茶漬けとして、お豆冨ハンバーグを2度楽しめます。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjQyNSMyMjcwMzYjNjI0MjVfU01VY3lhY3Z0dC5qcGc.jpg ]

お豆冨ハンバーグ専門店の「鎌倉六弥太(かまくら・ろくやた)」(所在地:神奈川県鎌倉市)は9月1日(日)、鎌倉バーグを使用した出汁茶漬け丼の販売を開始します。人気メニューの鎌倉バーグを、新しい感覚で味わっていただくものです。

▼鎌倉六弥太|公式サイト:http://kamakurarokuyata.gourmet.coocan.jp

■素材は毎朝、老舗から仕入れる絹豆腐と豚・鶏肉のひき肉

鎌倉バーグは、鎌倉で初めてのお豆冨ハンバーグ専門店(当店調べ)の看板メニューです。毎朝、老舗の豆腐屋「清水食品」から仕入れるたっぷりの絹豆腐と、小町通りの老舗の精肉店「東洋食肉店」から厳選した国産の豚肉・鶏肉のひき肉が材料。これに秘伝のタレを混ぜ合わせ、1つ1つ丁寧に手ごねで焼き上げます。フワフワで肉汁も溢れる、今までにない食感と味覚です。

今回、新メニューとして鎌倉バーグを丼に入れ、お茶漬けにしました。「鎌倉バーグの出汁茶漬け丼」(税込1,500円)。たっぷりの香味野菜と小葱を乗せて、備え付けの割り醤油をかけます。
半分ほど召し上がってから鰹節と昆布で丁寧に仕上げた出汁をたっぷりかけ、備え付けの柚子胡椒とともにお茶漬けとして召し上がっていただくものです。丼ものとして、さらにお茶漬けとして鎌倉バーグを二度楽しめます。

■創作和食からお豆冨ハンバーグ専門店へ、鎌倉バーグは登録商標

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjQyNSMyMjcwMzYjNjI0MjVfZGhuRUxhc3BkRC5qcGc.jpg ]

当店はもともと創作和食店でしたが、メニューの中の「鎌倉バーグ」が大好評となり、お豆冨ハンバーグ専門店としました。

「鎌倉バーグ」は和食出身のオーナーシェフが体に優しくヘルシーで満足のあるメニュー、なおかつ和食を身近に感じてほしいという思いから京料理の知識と経験を活用して開発したものです。和食店としての特徴を出すために胡椒の代わりに山椒を使用、パン粉や玉葱は使用しない工夫をしました。味の足し算ではなく、引き算をしてシンプルな素材のおいしさを強調した和のハンバーグです。

オリジナリティーを重視し、商品に責任を持つために「鎌倉バーグ」と「六弥太」を登録商標としました。

店内はカウンター10席、4人掛けテーブル3卓のこぢんまりとしたつくりです。歴史ある鎌倉らしい、落ち着いた雰囲気の中、鎌倉バーグの味わいをじっくりと楽しんでいただけます。

<鎌倉六弥太>

所在地:神奈川県鎌倉市御成町13-38 萩原ビル1階

電話番号:0467-61-0680

アクセス:JR鎌倉駅西口・江ノ電鎌倉駅から徒歩1分

営業時間:11:00-17:00(L.O.16:00)※鎌倉バーグ完売次第閉店。17時以降のコース、貸切可

定休日: 月曜日夜、火曜定休(祝日の場合、翌日営業)