目の健康サプリメントの市場規模、2026年に24億米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月22日 公開

目の健康サプリメントの市場規模、2026年に24億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「眼科用サプリメントの世界市場:処方、適応症(加齢性黄斑変性症、ドライアイ症候群、炎症、白内障など)、成分、地域別 - 業界分析および予測(2020年~2026年)」(KBV Research)の販売を6月21日より開始いたしました。

目の健康サプリメントの市場規模は、2020年~2026年にCAGR10%で成長し、2026年には24億米ドルに達すると予測されています。目のサプリメントは、目の健康と良好な視力の維持に役立つ食事療法や栄養補給のための製品です。このサプリメントには、ビタミンA、オメガ3脂肪酸、ルテインとゼアキサンチン、ガンマリノレン酸などが含まれています。

これらを含む栄養補助食品は、目の機能を維持し、加齢による眼病を減らし、有害な放射線から目を保護するのに役立ちます。目の健康サプリメント市場の成長は、眼病発生の増加と高齢者の増加に起因しています。さらに、産業界の発展が今後数年間の市場成長の原動力になると予想されています。しかし、目の健康サプリメントは、コストが高く、製品の入手も難しいことが、市場の成長を妨げています。

COVID-19パンデミック時に、自宅でのバーチャル会議によるモニターの使用が増え、近視などの視力障害が増加していることが、市場の成長を押し上げる要因となっています。近視の増加は、緑内障、白内障、加齢黄斑変性症(AMD)などの進行性眼疾患のリスクを高めます。高齢者やミレニアル世代の間では、目の健康サプリメントを利用する傾向が強まっており、デジタルアイ疲労の影響などからも、世界的に市場が拡大しています。また、ドライアイ症候群、白内障、AMD、炎症などの疾患が増加していることに加え、治療や予防に目の健康サプリメントが推奨されていることも、市場を拡大しています。

剤形別見通し

市場は剤形別に、錠剤、カプセル、粉末、ソフトジェル、液体に分けられます。ソフトジェルは、今後、かなりの成長率を示すと思われます。ソフトジェルは、液体やオイルベースのサプリメントを効果的に提供する方法です。さらに、オキアミ油や魚油などの栄養素は、オイルの味や香りを変えるため、多くの場合ソフトジェルと混ぜカプセル化されています。

効能別見通し

市場は効能別に、AMD、ドライアイ症候群、炎症、白内障、その他に分類されます。2019年は、AMDセグメントが最大シェアを占めました。世界中でAMDの有病率が増加していることが、同セグメントを増加させる要因となっています。また、ドライアイ症候群セグメントは、今後、高い成長が予測されます。

成分タイプ別見通し
市場は成分タイプ別に、ルテイン・ゼアキサンチン、酸化防止剤、フラボノイド、α-リポ酸、オメガ3脂肪酸、コエンザイムQ10、アスタキサンチン、その他に分類されます。2019年は、ルテインとゼアキサンチン成分タイプが最大シェアを獲得しました。これは、糖尿病性網膜症、AMD、ブドウ膜炎、白内障など、様々な目の障害の予防と治療にゼアキサンチンとルテインが有効であることに起因しています。さらに、AMDの増加や、臨床医、眼科医などによる推奨も、この成分タイプの成長に貢献しています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv988553-global-eye-health-supplements-market-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F