国産霊芝のβ-グルカンの含有量は49.4g/100g! - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年4月20日 公開

国産霊芝のβ-グルカンの含有量は49.4g/100g!


霊芝専門メーカーの株式会社上薬研究所は、一般社団法人日本食品分析センターによる、霊芝のβ-グルカンの含有量分析結果を4月20日にホームページにて公表いたしました。

株式会社上薬研究所、国産原材料を使用することにこだわり続け2021年で40周年を迎える霊芝専門メーカーです。
免疫に感心をもたれるお客さまから、弊社で取り扱う霊芝に含まれるβグルカンの量についてのお問い合わせを頂きました。

そこで、栄養表示,賞味期限の試験、品質管理のための検査を行う、一般社団法人日本食品分析センターにて検査を依頼した結果により、当社取り扱いの霊芝に含まれるβグルカンは49.4g/100gであることがわかりました。

霊芝(れいし)は、マンネンタケ科のキノコですが、食卓に上ることも多いその他の食用キノコと比較してみると、その差は生マイタケの21倍にもなることがわかりました。

公表ページ
https://www.joyakuken.co.jp/topics/pr-202104-reishi-beta-glucan-content.html

そもそも、β-グルカン(べーたぐるかん)とは、キノコなどに含まれる多糖体と呼ばれる成分です。
日本ではシイタケ子実体から精製した1,3ベータグルカンの「レンチナン」が抗がん剤として使用されたことから、がんに対する免疫力を高める成分として知られるようになりました。アガリスクや霊芝のβ-グルカンも、この1,3ベータグルカンにあたります。

ただ、β-グルカン以外にも霊芝が優れている点は、固有の成分である「ガノデリン酸」やビタミンの前駆体である「エルゴステロール」等の有用成分も含有している点でしょう。

また、霊芝には、β-グルカン以外にも、霊芝固有の「ガノデリン酸」やビタミンの前駆体「エルゴステロール」などの有用成分も含まれているのが、他のキノコと違う大きな特徴です。

上薬研究所では、infoサイトを立ち上げ、引き続き情報発信を行っていきます。
https://joyakuken.info/pr-202104-reishi-beta-glucan-content/

●上薬研究所の霊芝
https://www.joyakuken.co.jp/reishi/

▼会社概要

<株式会社上薬研究所会社概要>
会社名 株式会社 上薬研究所(じょうやくけんきゅうじょ)
所在地 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町74-3
地図 https://goo.gl/maps/JA3icU6oXf7FFdZi8
代表者 代表取締役 田中 愼一郎
設 立 昭和56年10月24日

URL : https://www.joyakuken.co.jp/
情報HP : https://joyakuken.info/

事業内容 健康食品の研究開発、企画・製造及び、販売
主要取引先 全国の動物病院
株式会社ツルハ
広栄ケミカル株式会社
JRA及び地方所属の各厩舎(順位不同)

<株式会社上薬研究所 企業理念>
その人が本来持っている笑顔、元気、生きる力を湧きあがらせる。

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社上薬研究所
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町74-3
TEL:0120-555-014 FAX: 045-201-6460
メール:reishi@joyakuken.co.jp
担当 田川 信子