菓子・製パン材料の市場規模、2026年に223億米ドル到達予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年7月1日 公開

菓子・製パン材料の市場規模、2026年に223億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ベーキング材料の世界市場 (~2026年):タイプ (乳化剤・膨張剤・酵素・ベーキングパウダー&ミックス粉・油脂・ショートニング・でんぷん・着色料・香味料・保存料・食物繊維)・用途 (パン・ケーキ・菓子)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を6月30日より開始いたしました。

菓子・製パン材料の市場規模は、2021年の166億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2026年には223億米ドルに達すると予測されています。小麦粉、水、膨脹剤は、ベーカリー製品の外観、食感、風味に直接関与する成分です。油脂、卵、乳化剤、着色料、ショートニング、砂糖などは、これらの品質を調整し、良質な製品を生み出すのに有効です。重曹、ベーキングパウダー、ココアパウダー、その他の調味料なども含め、菓子・製パン材料は、家にこもる生活が続くことで製パン・菓子作りへの興味が増えており、需要が急増しています。材料の製造会社や小売店では、ロックダウン以降、製品の販売が大幅に増加したと報告しています。

COVID-19が菓子・製パン材料市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、食品・飲料業界全体に大きな影響を与えており、菓子・製パン業界も大きな打撃を受けました。ロックダウンの影響による労働者不足のため、多くのベーカリーが操業を停止し供給が不足しました。さらに、原材料不足も重なり、小規模店舗が多大な影響を受けました。その後、時間の経過とともに、毎日の食生活に欠かせない菓子・製パン製品の需要は回復し、同時に、家庭における菓子・製パン材料の需要も急増しました。

牽引要因:菓子・ベーカリー製品の消費量の増加

菓子・製パン製品の需要は、利便性の高い食品への需要や、美味しく食感の良い食品に対する消費者の嗜好に伴って増加しています。また、その需要は、入手のしやすさ、価格の安さ、栄養価の高さなどにより、継続的に増加しています。また、多くの消費者にとって、菓子・製パン製品は生活に欠かせないものであり、味と食感に優れた製品に使用される原料の需要も高まっています。

抑制要因:厳格な規制と国際的な品質基準

菓子・製パン材料は、様々な化合物の混合物であり、各国政府規制に基づいて、健康面や安全面で厳しいチェックが行われています。これらの製品が人の健康に与える影響を評価するために、規制機関によって様々な研究が行われています。その結果に基づいて、製品は分類され、1日の摂取許容量(DIA)が設定されています。各国の国際・規制機関は、食品加工に使用されるさまざまな化学物質や材料の使用を、直接または間接的に管理しています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1001396-baking-ingredients-market-by-type-emulsifiers.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F