遺伝子組み換え作物、COVID-19の影響で市場は縮小するも、2023年には回復予測 作物の栄養価、収穫量、貯蔵寿命の改良により需要は増加傾向 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年8月3日 公開

遺伝子組み換え作物、COVID-19の影響で市場は縮小するも、2023年には回復予測 作物の栄養価、収穫量、貯蔵寿命の改良により需要は増加傾向


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「遺伝子組み換え(GM)作物の世界市場:Covid-19による成長と変化(2020年)」 (The Business Research Company) の販売を8月3日より開始いたしました。

遺伝子組み換え作物市場は、作物の販売と関連サービスで構成されています。遺伝子組み換え作物とは、組換えDNA技術として知られる一連の実験技術を用いて、生物間で遺伝子を移動させることを指します。害虫への耐性、栄養状態の改善、腐敗の減少、化学処理への耐性など、自然界には存在しない新たな特性を持つ植物です。市場に出回っている遺伝子組み換え作物には、テンサイ、パパイヤ、トウモロコシ、ジャガイモ、ナタネ、綿花などがあります。

遺伝子組み換え作物の市場規模は、2019年の217億3000万米ドルからCAGR-4.76%で縮小し、2020年には206億9000万米ドルになると予想されています。この減少はCOVID-19の発生に起因しています。サプライチェーン全体が混乱し、市場にマイナスの影響を与えました。その後2023年までCAGR8.9%で成長し、市場規模は267億2000万米ドルまで回復すると予想されています。

北米は、遺伝子組み換え作物市場で最大の地域です。アジア太平洋地域は、最も急成長すると予想されています。

市場は、形質別に、除草剤耐性(HT)、昆虫抵抗性(IR)、積層形質(ST)、作物別には、大豆、綿花、トウモロコシ、ナタネ、タバコなどに分類されています。

遺伝子組み換え作物には、昆虫耐性や除草剤耐性などの作物への高い需要に対応する特性があります。遺伝子組み換え作物によって提供される他の利点には、高い栄養価、改良された収量、および長い貯蔵寿命が含まれます。これらの理由により、農家は収穫量と利益を増やすために遺伝子組み換え作物に依存しています。米国農務省(USDA)によると、遺伝子組み換えされた耐虫性綿花は、地下水と環境を汚染している合成農薬の使用を大幅に削減するのに役立ちました。遺伝子組み換え作物によってもたらされる環境への利点は、市場の需要を促進しています。

世界の人口の急激な増加により、遺伝子組み換え作物を導入する必要性が高まっています。農家は、増加する人口の需要を満たす作物を生産するため、新しい技術を採用する必要があります。遺伝子組み換え作物は、食物の損失と廃棄を減らし、土壌と水の管理を改善し、環境を保護すると同時に収量を増やします。国連によると、世界の人口は2050年までに約100億人になると予想されています。遺伝子組み換え作物は、この増加する人口に対応する、安全な食料を確保するために必要です。

遺伝子組み換え作物に課せられた厳しい規制は、市場の成長を制限しています。たとえば、インドでは、Btコットンのみが政府による栽培を許可されています。遺伝子組み換えナスは環境省によって承認されませんでした。遺伝子組み換え作物の承認に関して各国政府が課している厳しい規制は、市場の成長に影響を与えます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc941014-genetically-modified-gm-crops-global-market-report.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F