ロバミルクの市場規模、2027年に6万8,139千米ドル到達見込み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年6月21日 公開

ロバミルクの市場規模、2027年に6万8,139千米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ロバミルク市場の成長機会・成長予測 (2021-2027年):用途 (化粧品&パーソナルケア・食品&飲料)・形態 (液体・粉末)・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月18日より開始いたしました。

ロバミルクの市場規模は、2019年には2万8,180千米ドル、2021年から2027年にかけて9.4%のCAGRを記録し、2027年には6万8,139千米ドルに達すると予測されています。ロバミルクは、チーズ、チョコレート、チェダーなどの製造に使用されます。タンパク質、オメガ69脂肪酸、乳糖、ミネラルなどの成分が含まれているため、その特性は人間の乳に似ています。牛乳タンパク質のアレルギーを持つ幼児の代替品として考えられています。また、免疫増強物質が含まれているため、幼児を感染症や病気から守ることができます。また、リゾチームが多く含まれているため、病原性のある微生物から身を守ることができます。さらに、ロバのミルクには、カルシウム、鉄、脂溶性ビタミンなどのミネラルが含まれており、優れた栄養補助食品となっています。食糧農業機関によると、ロバのミルクはバランスのとれた食事、牛乳、乳製品の構成要素となり、食事のエネルギー、脂肪、タンパク質の豊富な供給源となります。ロバのミルクには微量栄養素が豊富に含まれているため、発展途上国の栄養失調対策として重要な要素となっており、これがロバのミルク市場の成長を促進すると期待されています。

COVID-19のパンデミック時に、ビタミンの含有量が多く、免疫力を高める効果があるなどの利点からロバのミルクの採用が増加し、市場の成長を促しています。 ロバミルクは、乳糖、タンパク質、灰分などの成分が人間の母乳に似ていることから、動物性ミルクのカテゴリーで新たなブームとなっています。さらに、ロバミルクにはリゾチームやラクトフェリンなどの活性抗菌物質が含まれています。これらの分子は、ヤギやヒツジ、牛の乳にも含まれていますが、その量は少ないのです。さらに、ロバのミルクは牛、ヤギ、羊のミルクに比べて脂肪やコレステロールの含有量が少ないため、健康志向の高い消費者や循環器系、心臓系の患者からの需要が増加しており、市場の成長を促しています。しかし、他の牛乳に比べて価格が高いことが市場の成長を阻害しています。さらに、チーズ、チョコレート、チェダーなど、ロバミルクを使った製品も高価です。また、ロバミルクを使ったチーズは、1キログラムが約1,130米ドルで、世界で最も高価なチーズとなっています。さらに、ロバミルクの生産に対する政府の支援がないことや、ロバの農場が利用できないことが、生産量やコストに影響しています。さらに、メーカーは適切なサプライチェーンを持っていないため、ハイパーマーケット/スーパーやオンライン販売チャネルでは入手できません。これらの要因がロバミルク市場の成長を阻害しています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009293-donkey-milk-market-by-application-cosmetics.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F