玄米デカフェがkomercoに出店しました。 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2021年4月30日 公開

玄米デカフェがkomercoに出店しました。


料理が楽しくなるオンラインマルシェ「 Komerco(コメルコ)」にアトリエ玄米デカフェが出店しました。こちらからも商品をご購入頂けます。コメルコ・玄米デカフェURL:https://komer.co/shops/IQAPTkbmVlROJnZSJsiG

玄米デカフェが、komercoに出店しました。https://komer.co/shops/IQAPTkbmVlROJnZSJsiG 

◆玄米デカフェ
玄米だけを焙煎した日本生まれの新しい飲みものです。コーヒーでもない、紅茶でもない、そして緑茶でもありません。
コーヒーのような苦味がありながら、玄米の芳ばしい香り、そしてお米の持つ甘さを感じる、完全ゼロカフェイン、デカフェの新星・玄米デカフェです。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjkwNyMyNzAxNjEjNjY5MDdfZ25leXdDVHFRbC5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjkwNyMyNzAxNjEjNjY5MDdfbWp6ZkhGZk5KUS5KUEc.JPG ]
◆アトリエ玄米デカフェ

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NjkwNyMyNzAxNjEjNjY5MDdfZGZDT2tMQnZ6ei5qcGc.jpg ]
「アトリエ玄米デカフェ」として、玄米デカフェを開発・製造しているのは株式会社MNHです。
2012年から山形県庄内町に事務所を構え、山形での活動をスタート。 
庄内町は山形県の北西に位置しており、明治26年(1893年)に山形県の農家で発見育成された「亀の尾」というお米が生まれた場所です。「亀の尾」とは、現在よく知られているブランド品種(ササニシキ、コシヒカリ、つや姫、ひとめぼれなど)のルーツとして名高いお米です。 庄内町から、特産品開発と雇用をつくることを目的とした活動にご賛同・ご協力をいただき、事務所を設立しました。
庄内町はお米の生産地であるゆえ、そのお米をもっと広めたいという想いから、独自の焙煎方法を研究・試行錯誤したのち、2020年から「玄米デカフェ」を販売しています。

◆株式会社MNH
​MNHの社名の由来は”みんなで日本をハッピーに!”その頭文字を取って、"M"inna-de・"N"ihon-wo・"H"appy-niです。経営理念は「喜びのある働くを、共につくる」。
商品企画・製造などを通じて、社会の課題を解決する仕組みを内包するビジネスモデルを展開しています。

​社名:株式会社MNH
本社:東京都調布市調布ヶ丘1-34-1
東京コミュニティ工場:東京都調布市調布ヶ丘1-34-1
庄内コミュニティ工場:山形県庄内町余目沢田108-1
WEB:https://www.mnhhappy.com/

◆「 Komerco(コメルコ)」について
コメルコの詳しい内容は、下記URLの公式サイトをご覧ください。
https://komer.co/komercobanashis/yYin8u5Bh1IHCSbNoafG