乳糖不使用乳製品、乳糖不耐症の解決策として注目 個人の体質に合った消費や社会的ステータスなどにより市場のニーズは拡大傾向 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年9月3日 公開

乳糖不使用乳製品、乳糖不耐症の解決策として注目 個人の体質に合った消費や社会的ステータスなどにより市場のニーズは拡大傾向


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「乳糖不使用乳製品の世界市場 (2019~2025年):牛乳・チーズ・ヨーグルト」 (BIS Research Inc.) の販売を9月3日より開始いたしました。

乳糖不耐症の消費者の多くは、その症状に気づかなかったり、症状を無視したりしています。 また、多くの乳製品消費者は、不安を避けるためにあえて乳製品の摂取を控える傾向にあります。これは、世界的に牛乳の消費量が減少していることからも明らかです。例えば、アメリカでは、1975年には一人当たり247ポンドだった牛乳の消費量が、2019年には149ポンドにまで落ち込み、1975年から2019年にかけて40%以上も激減しています。これらの事情により、世界的に増加している乳糖不耐症の解決策として、乳糖不使用(ラクトースフリー)の乳製品の人気が高まっています。常用されている乳製品には、一般的に乳糖不使用のものも広く販売されています。これらの製品には、牛乳(フレーバーミルクを含む)、ヨーグルト、チーズ、粉ミルクなどがあります。乳糖不使用乳製品の開発が最も期待されているものとして、アイスクリームと栄養補助食品があります。

世界的な乳糖不耐症レベルの上昇、都市化、可処分所得の増加により、乳糖不使用乳製品のような、個人の体質に合った乳製品の消費に需要が生じています。また、都市部の富裕層に見られる健康的なライフスタイルの実践は、社会的ステータスの象徴としても需要に貢献しています。多くの国では、カフェ文化の発展により、乳糖不使用乳製品、中でもラクトースフリーの牛乳の消費を後押ししています。消化しやすいなどの利点の認識は、多くの消費者に影響を与えており、市場が拡大しています。

競合環境

世界的に乳糖不使用乳製品の採用が急増していることから、この業界に対する投資が企業の間で話題になっています。

Valio Ltd.、Arla Foods、Nestle S.A.、Lactaid、Dean Foods、Organic Valley、Danone S.A.、Nestle S.A.、Granarolo Group、Lactalis Groupなど、乳製品を提供している従来のグローバル企業は、乳糖不使用乳製品も提供しています。

地域別では、ヨーロッパが最大の市場シェアを占めています。これとは別に、中国や日本など、アジア太平洋地域は最速のCAGRで成長すると予想されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis949757-global-lactose-free-dairy-products-market-focus-on.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F