オーガニックミートの市場規模、COVID-19パンデミック後、消費者の意識改革や有機食品への需要の高まりにより、2020年は10.7%の成長予測 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2020年7月31日 公開

オーガニックミートの市場規模、COVID-19パンデミック後、消費者の意識改革や有機食品への需要の高まりにより、2020年は10.7%の成長予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「オーガニックミート製品の世界市場:Covid 19パンデミック下での成長と変化:2020年~2030年」 (The Business Research Company) の販売を7月31日より開始いたしました。

オーガニックミート市場は、有機システムで飼育された家畜から得られるオーガニックミート製品を生産する事業所から得られる収益で構成されています。オーガニックミートは、有機認証を受けた土地で飼育され、抗生物質や成長ホルモンを添加していない100%有機飼料を与えられた家畜から得られます。

オーガニックミート製品の市場規模は、2019年の143億8000万米ドルから2020年には159億2000万米ドルへと、CAGR10.7%で成長すると予測されています。さらに、2023年にはCAGR8.6%で203億9000万米ドルに達すると予想されています。COVID-19の大流行により、有機食品や持続可能な食品への需要が急増しています。これは、健康と栄養に関する消費者の意識が変わり、農薬や合成化学物質を使用していない有機食品を従来の物に代わる安全な食品と見るようになった為です。このような需要の急増に伴い、供給の維持が難しくなっています。オーガニックミート製品は需給の変動が起こりやすく、市場は期待したほど大きく成長していません。

2019年の市場は、欧州が最大の地域となりました。アジア太平洋地域が最も急速に成長する地域になると予想されています。

市場は、製品タイプ別に、牛肉、豚肉、マトン、鶏肉、その他に分類され、流通チャネル別には、スーパー・高級品店、オンライン小売店、食肉店、健康・自然食品店、その他に分類されています。

オーガニック製品に対する消費者の需要は、オーガニックミート製品市場の需要を後押しすると予想されています。これは、消費者の健康に対する懸念と、有機製品の健康上の利点に起因する可能性があります。The Organic Trade Associationによると、オーガニック食品の米国売上高は2018年に480億米ドルに達し、前年比5.9%の増加を記録しました。近年、オーガニックミートの重要性が高まっており、オーガニックフードへの需要の高まりがオーガニックミート製品の需要を牽引すると予測されています。

オーガニックミート製品の価格は従来の食肉製品よりも比較的高く、市場の成長を阻害する可能性が高いと予測されます。プレミアム価格は、合成化学物質、抗生物質、成長ホルモンを一切使用せずに有機システムで家畜を飼育することに伴う価格の高さを反映しています。オーガニックフードの生産プロセスは、高価で時間がかかり、労働集約的です。さらに、生産者は優位性を得るためにオンデマンド製品に価格プレミアムを課します。しかし、この点が、オーガニックフードの入手を困難にし、市場の成長を妨げています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc945332-organic-meat-products-global-market-report-30.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F