山形・天童市の「創作お好み焼 なかまっこ」が、新春恒例の期間限定メニュー「2019年 開運干支焼 いのしし」を2019年1月、2月に提供開始! - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月26日 公開

山形・天童市の「創作お好み焼 なかまっこ」が、新春恒例の期間限定メニュー「2019年 開運干支焼 いのしし」を2019年1月、2月に提供開始!


2015年(平成27年)の未年(ひつじどし)から始めて5作目の新年恒例創作メニューを提供予定!鮭(サケ)とブロッコリーをネギマヨで味つけし、ふわっと柔らかいお好み焼にはさんだユニークな特製メニューです。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1OTYyMSMyMTMxMjMjNTk2MjFfUFJzUlpzSWlBYS5KUEc.JPG ]

山形県天童市の若松寺(若松観音)参道にある「創作お好み焼 なかまっこ」は、2015年からその年の干支(えと)にちなんだ創作メニューの5作目「2019年 開運干支焼 亥」の提供を2019年1月2月の期間限定で開始します。

▼ 山形・天童市の「創作お好み焼 なかまっこ」店舗紹介ページ(ウェブサイト「favy」):http://nakamakko.favy.jp

2019年の干支(えと)「亥(いのしし)」をモチーフにしたユニークなお好み焼で、鮭(サケ)とブロッコリーを炙(あぶ)ってネギマヨで味つけ。お好み焼にはさんだ見ためも味わいも抜群の創作メニューです。

■36年にわたって営業している創作お好み焼、焼そば、焼うどんが自慢の店舗が新年恒例の干支(えと)をモチーフにした期間限定メニューを提供!

すべての席から自然ゆたかな風景を楽しむことができ、川のせせらぎや鳥のさえずりが聞こえてきます。店内は店主が手がけた照明や女将(おかみ)のちぎり絵やグラスアートなど“家族の手づくり”の装飾が自慢です。

おいしい料理をみんなでわけあって楽しく味わうという意味をこめた店名どおり、家族や親せき、友人同士、会社の飲み会や、女子会やママ友会などのグループでの利用にも最適なメニューとサービスを提供しているアットホームであたたかい雰囲気の店舗です。

■山形・天童市の「創作お好み焼 なかまっこ」いち推しのおすすめメニュー

1.「2019年 開運干支焼 いのしし」1,000円(税込)※2019年1月1日(火・祝)~2月28日(木)の期間限定提供

2015年(平成27年)から毎年、提供している新年恒例の創作メニュー。2019年の干支(えと)「亥(いのしし)」をモチーフに、炙(あぶ)った鮭(サケ)とブロッコリーをネギマヨで味つけしてお好み焼にはさみました。見ためも味も抜群の店舗特製創作メニューです。

2.「牡蠣貝と帆立のチーズ焼」980円(税込)

牡蠣(カキ)が旬の11月から2月(予定)までの期間限定メニュー。軽く火を通したカキからは海の旨みが口の中に広がります。カキとホタテのまわりにやわらかい生地をふわっとかぶせて絶妙のタイミングで仕上げる店主のわざで、抜群の味わいを提供します。

3.「エビチリソースのお好み焼」950円(税込)

お好み焼のなかから自家製エビチリソースがとろり。ぴり辛の味わいにマヨネーズがマイルドなコクになる約30年の歴史ある人気メニューです。

4.「イケ麺焼そば」920円(税込)

自家製の豚の角煮、キクラゲ、豆苗など具だくさんの創作メニュー。こしのある生麺を使っています。

■山形・天童市の「創作お好み焼 なかまっこ」店舗概要

住所:〒994-0021 山形県天童市大字山元若松2017

アクセス:JR山形新幹線・山形線「天童」駅から車で7分(「天童」駅から3,601メートル)

予約・問い合わせ電話番号:023-654-2010

営業時間:午前11時30分~午後9時30分(ラストオーダー:午後9時00分)、※平日は午後2時30分ラストオーダー、午後3時~午後5時30分は昼休み

定休日:毎週火曜日(祝日の場合、営業。翌水曜日代休)※年末年始、ゴールデンウイーク、お盆期間も営業

店舗紹介ページ(ウェブサイト「favy」):http://nakamakko.favy.jp

店舗公式Facebookページ:https://www.facebook.com/nakamakko/