夏の味覚をお届け「JAタウン」の枝豆&なす! - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月17日 公開

夏の味覚をお届け「JAタウン」の枝豆&なす!

 (3941)


未成熟な大豆を収穫した枝豆は、日本では大豆の代表的な食べ方のひとつです。
縄文時代に大豆の出土例があり、『古事記』にも大豆の記録が記載されているなじみ深い食べ物。

江戸時代には夏になると枝豆売りが現れ、
枝についたままの状態で街角で売られており「枝豆」の名前の由来とされています。

「畑の肉」と呼ばれるように肉に匹敵するタンパク質を含有する他、
カルシウムやカリウムも豊富。また水溶性ビタミンB群の葉酸も含まれ、
世界的な健康志向の中で「ミラクルフード」として脚光を浴びています。

北米・ヨーロッパなどでも人気で、
米国ではアメリカン・フットボールや
野球のスタジアム内の売店でも販売しているところがあるそうです。
 (3943)


【殿様のだだちゃ豆】
山形県JA鶴岡のだだちゃ豆は、周辺の限られた地域で
農家が大切に守り生産してきた枝豆の「在来種」です。
サヤが茶毛で、くびれも深いため見た目はよくありませんが、
他にない独特の甘みと風味はまさに究極の枝豆。
生産地や生産量が限られており、市場への出回り量も少ないため
「まぼろしの枝豆」とも言われ、人気を呼んでいます。


【岐阜えだまめ】
長良川と水はけの良い土地柄という組み合わせから生まれる
「岐阜えだまめ」は全国的にも収量・品質ともにトップクラス。
鮮度を保つ新開発のフィルムに枝豆を入れて販売するので、
出荷時に近い鮮度でお手元にお届けできます。
色鮮やかな房でふっくらとした甘みに富む枝豆はいよいよ旬。
JA全農岐阜「飛騨・美濃うまいもん広場」がお届けします。
 (3945)

茄子の原産地はインド東部。日本には奈良時代に、
奈須比(なすび)として伝わり、1000年以上に渡り栽培されています。

紫紺色の皮に含まれるナスニンというポリフェノールは、
活性酸素の働きを抑え、血管をきれいにする効果もあると言われています。

ヘタの部分には鋭いトゲが生えている場合がありますが、
新鮮な物ほど鋭く、鮮度を見分ける方法の一つとなります。
その他ヘタの切り口がみずみずしく、皮の色が濃くハリとツヤのあるものが新鮮。

灰汁があるので、水に浸す、塩を振ってしばらく置く、
などの方法で灰汁抜きをすることもありますが、水なすと呼ばれる品種は生食も可能。
 (3947)

【萩たまげなす】
通常の3~4本分はある巨大な茄子。
誰もがその大きさに驚かされますが、実は山口の伝統野菜。
昔から長門の田屋地方で栽培されていました。
見た目とは裏腹にきめ細やかな肉質で、焼いて食べると、とろ~りとろけるような食感です!
いろんな意味で「たまげる(びっくりする)」萩たまげなすは
JA全農やまぐちの「正直やまぐち」がお届けします。

【水なす】
中身はやわらかいのに外かわのパリパリな歯ごたえがたまらない
「水なす」お届けするのは和歌山県JA紀の里「紀の里'旬'たより」です。
ざっくり切って軽く塩もみするだけで、ポクポクと柔らかい歯ごたえと、
ほんのりとした甘みの「水なすの浅漬」が味わえます。
その他、焼きなす、田楽、揚げ出し風といろんなお料理にお使いいただけます。



【掲載企業】全国農業協同組合連合会 http://www.zennoh.or.jp/
所在地:千代田区大手町1-3-1
電話:03-6271-8157