「21世紀の八百屋」司商事の取り組み - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月17日 公開

「21世紀の八百屋」司商事の取り組み

 (3975)

太田市場の司商事は「21世紀の八百屋」をコンセプトにイ ンターネットを
最大限活用した情報配信により、いち早く市場の状況を飲食店の皆様にお届けしています。

旬の食材の情報をWEBを通じてリアルタイムにご 案内するのはもちろん、
お買得情報や食材情報、繁盛店のメニュー解剖まで配信し、
twitter会員には市場のお得なスポット商品のご案内もお報せしています。

営業担当は、全員がiPadを常備し、
市場で野菜の実際の姿形や市場での販売状態などの情報を入手し、発信しています。
iPadの特性を活かした商品提案も司商事ならではのサービスです。



また情報提供料日本一のHPは珍しい輸入青果物や、
流行の青果の組み合わせなど、青果を知り尽くした老舗ならではの情報が満載。
秋を目標にスマートフォンにも対応したリニューアルを予定しています。

その一方、天候の影響を大きく受ける
野菜の価格を安定させる為に、産地・市場との取り組みを始めました。

中国の提携工場より直接買い付けたり、
ロスの少ないカット野菜を取り扱ったり、
一定期間の固定価格での販売、一週間ずらした値決めをするなど、
飲食店のコスト削減に向けたお手伝いを行っています。
「中国野菜」は定番の野菜を中国からの輸入品を使うことによってコストを抑えるという考え方。

主役となる野菜は国産品を、傍役たちに中国野菜を使い、
品質を下げずにコストダウンをはかることができます。

「カット野菜」は、あらかじめ食べたり調理しやすいように、
「カット」・「洗浄・殺菌」・「袋詰め」がされた野菜のことです。
下ごしらえの必要がないため、調理時間の短縮や生ゴミの削減が可能な21世紀の商品です。

「シーズン値決め」は、価格変動の大きい葉物野菜を中心に、
産地と提携して3ヶ月間価格を据え置きして販売するシステム、
「週間値決め」は、日々の変動をならして価格を決定し、一週間ずらして値段を決めるシステムです。

前もって仕入れ価格が計算できるのため、容易に仕入計画を立てることができます。

野菜の仕入れ価格、旬の野菜情報など最新の市場情報を随時飲食店へ発信し続けていTSUKASA。


仕入れのコスト削減をお考えの方、新しい野菜をお探しの方!是非一度お気軽にご相談下さい。
 (3977)




【掲載企業】司商事株式会社
URL:http://www.tsukasaweb.jp/
所在地:東京都大田区東海3-7-2
電話:03-3799-1347