スズキの豆知識(築地タカエイの「ギョギョ辞典」) - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月17日 公開

スズキの豆知識(築地タカエイの「ギョギョ辞典」)

gettyimages (3810)

冬のヒラメ、春のタイ、夏のスズキといわれるくらい、白身を代表するお魚です。

秋はヒラスズキがおいしいです。
セイゴ→フッコ→スズキと呼び名がかわる出世魚としても有名で、
成魚のスズキは大きなもので1mくらいになります。

大きければ大きいほど脂がのって、味もいいようです。産地では常磐が有名です。



成長につれて棲みかを変え、食べるものも変わるため、大きさと時期によって味がかわります。
旬は4月〜8月といわれますが、その中でも5月〜7月のあいだはベストです。
新鮮なものはお刺身、ほかにも塩焼き、揚げもの、
煮つけ、ムニエル、カルパッチョなどいろいろな料理に利用され、
奉書でつつんで蒸し焼きにした『スズキの奉書焼き』は島根県松江市の郷土料理です。

スズキの名前の由来が「すすぎ洗いしたような白い身」
という説もあるほど、透明感のあるきれいな白身。

すすぎ洗いしたような白さ。なんてさわやかなのでしょう!
夏の暑い日がきましたら、スズキの『洗い』なんていいですね。

洗いにしたスズキを、キンキンに冷やした器に盛ったり、
氷をしいた器に盛ったりすれば、さわやかなスズキがますますさわやかに!

夏がまちどおしいですね。
 (3813)




【掲載業者】
所在地:東京都中央区築地6-16-1 ダヴィンチ築地616 1F
電話:03-3524-0581
運営サイト:築地タカエイ