肥沃な黒土で育つ、無農薬の露地野菜。産直農園『ファムファーム』ではリクエスト栽培も受付中。 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月16日 公開

肥沃な黒土で育つ、無農薬の露地野菜。産直農園『ファムファーム』ではリクエスト栽培も受付中。

gettyimages (3581)

狭山茶の産地として有名な埼玉県入間市は、
大消費地「東京」の胃袋を支える野菜の産地でもあります。

現在30歳の小島宏平さんがこの地で小さな野菜農園
『ファムファーム』を開業したきっかけは、何といっても無農薬、
無化学肥料の野菜作りに欠かせない環境が整っていることでした。

肥沃な黒土質、風通しの良い地形、
首都圏まで50キロ圏内の地の利に恵まれた好条件は、
野菜の味と旬、鮮度にこだわる小島さんにとって理想的な環境なのです。
 
小島さんが目指すのは、
生産者名や農園名をメニューに謳える美味しい“露地野菜”。

最初は手探りで始めた野菜作りも、
現在では80aの畑で年間約30品目以上を栽培するようになりました。

キャベツや大根、ホウレンソウや小カブなどの一般野菜はもちろん、
これからは西洋野菜や新野菜の生産にも力を入れていく予定です。

また、『土垂れ(どだれ)』と呼ばれる地元名産の
丸くてねっとりとした里芋や、通称『入間ゴボウ』と呼ばれている味の濃いゴボウは埼玉自慢の地野菜です。

若い力と柔軟性、小回りの利く経営規模こそが今の『ファムファーム』最大の武器。

基本的に収穫したその日に発送しています。
希少品種の栽培やオーダーメイド、収穫時期の指定など、
料理人ならではのこだわりやワガママも大歓迎です。
畑の見学、サンプルの依頼はいつでもどうぞ。




【掲載企業】『fam farm ファムファーム』
所在地:埼玉県入間市東町5-3-6-106
連絡先:090-1843-0157
gettyimages (3580)