くだもの健康豆知識~モモ、クリ3年、カキ8年とは~ - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月2日 公開

くだもの健康豆知識~モモ、クリ3年、カキ8年とは~

gettyimages (260)

モモやクリは3年目に、カキは8年目に花が咲き実がなり始めるという諺です。このあとに、ナシの18年(または16年、13年)、ユズの30年(または18年、13年)などと、地方で少しづつ異なります。

モモやクリなど果樹に限らず植物は、大きく二つの発育期に分けられます。花や実がなる前を幼若期、後を成熟期といいます。従って、モモやクリに比べてカキやナシ、ユズなどは幼若期が長く、なかなか実がなりません。

幼若期の長さは、果樹の種類による違いだけではなく、同じ果樹でも実生の樹が最も幼若期が長く、樹齢を経るに従い幼若期が短くなります。農研機構果樹研究所ではリンゴなどから幼若期を短くする遺伝子を発見しています。
品種紹介:クリ「紫峰」

「紫峰(しほう)」は、「銀鈴(ぎんれい)」と「石鎚(いしづち)」を交雑して育成された多収性の中生品種です。この品種の収穫期は9月中下旬です。クリタマバチに強く、果実は28g前後と大果で、果肉色は淡黄色、肉質は粉質です。甘味と香気は中程度です。品種名の「紫峰」は育成地(茨城県つくば市)に近い筑波山の別名に由来します。
gettyimages (261)

【記事提供:フードゲート・ネットワークス】