ボジョレー・ヌーボーと日本酒 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月25日 公開

ボジョレー・ヌーボーと日本酒

gettyimages (3003)

「ボジョレー・ヌーヴォーが解禁」
こういったニュースを毎年、耳にすることはないだろうか。

日本酒においては「新酒」がボジョレー・ヌーヴォーに近いものかもしれない。

特に普通酒・本醸造と呼ばれるお酒たちは蔵元にとっては
「ボジョレー・ヌーヴォー」の位置づけになる。
造り手・研究者たちの視点からすると
ボジョレー・ヌーヴォーは「ブドウの出来」を見るためのワインと見ることが多い。

日本酒は一般的には「普通酒→本醸造→純米酒→吟醸酒」へと順々にお酒の品質レベルをあげる。

それにより、今年の天候・気候と合わせて
お米の出来具合も分かり、それにあわせて造りを修正していくのである。

ボジョレー・ヌーヴォーが解禁されるが、日本酒も徐々に新酒が出てくる。

それを飲んだときに、
「今年のお米の出来・蔵の造りの状態が新酒から分かる」
という話も取り入れてみてはいかがだろうか。
gettyimages (3002)