シブヤ米農作業レポVOL.2 ~種まき前 - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月16日 公開

シブヤ米農作業レポVOL.2 ~種まき前

 (3413)

いよいよシブヤ米作りにおける初めての農作業が始まりました。

その第1歩として待っていたのが「種まき!!」です。
今までの訪れた、大荒れ模様の秋田県とは違って、この日はとっても青空が広がっていました。

初めて乗ったトラクター!
今となっては、車を運転するよりもトラクターを運転してる方が多いです(笑)
一緒にシブヤ米を育ててくれる農家の方は、本当に毎回丁寧に教えて下さいます。
操作は意外と簡単な作業だったので余裕が出てきて記念にパチリ。っと思いきや。。。

その結果、こんな感じで少しガタガタです(笑)

真っ直ぐ進む事くらい簡単と思っていましたが、
土の固さもバラバラなのでハンドルが勝手に曲がってきたりしてしまうんです!
でも、その分まっすぐに田おこしが出来た時には、めちゃくちゃ感動しました♪

ビックリしたのが、最近のトラクターはエアコンが付いていたり、
ラジオや音楽も聴けるし、中にはテレビが付いてるモノまであるそうですよ。

そして大潟村はもともと湖だった為、土の中には貝殻がいっぱい入っているんです。
田おこしをして掘りおこすと、土の中からは貝殻の破片がいっぱい出てきました。

実際に田おこし作業を体験した後は、
あたし達が植えるシブヤ米の種を見に行きました。

まずは、種をまくトレーのお話から、ちゃんと種まき用の土を
数ヶ月前から確保してあると言うお話、そして作業一通りの流れを説明して頂きました!

種まきは、ただ種をまくだけじゃなく、ちゃんとした下準備が必要なんです。

例えば、種の発芽のタイミングがバラバラにならず、全部の発芽が同じ時期になるように、
あったかいお湯に浸けて、少しだけ発芽させておく作業なんかもあります。

種まき前の作業でも、そういった細かい作業が色々とあったりするんですね。

その他にも、少し気が早いんですが稲刈り機にも座らせてもらいました!!
秋には沢山のシブヤ米を収穫している姿を想像しながら。。。

次はついに種まきでっす!!!

【取材協力】Office G-Revo~藤田志穂個人事務所
【藤田志穂プロフィール】
千葉県生まれの24歳。「ギャルでも出来る!」ということを実証するために、
「ギャル革命」を掲げて19歳で起業。ギャルたちのオピニオンリーダーとして、
様々な商品開発やプロモーションを展開してきた。現在は食問題や農業プロジェクト、
エコ運動やAID予防など中心に啓蒙活動を行っている。



藤田志穂オフィシャルブログでも、『シブヤ米』プロジェクトの最新状況がわかります!
http://ameblo.jp/fujitashiho/
 (3415)