お燗のいろいろ - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月4日 公開

お燗のいろいろ

gettyimages (551)

肌寒いと感じる日が増えてくる11月。

そうなると、「お燗つけてよ」と言う声が
料亭、飲み屋では聞こえてくるのではないだろうか。

「お燗」と聞くと「熱燗」というイメージが強いようだ。

身体を温めてくれるお燗。


だが、奥深いもので、
「お燗」にはいろいろな種類があることをご存知だろうか。


日向燗(ひなたかん):30度

人肌燗(ひとはだかん):35度

ぬる燗(ぬるかん):40度

上燗(じょうかん):45度

熱燗(あつかん):50度

といくつかの段階があって、同じ日本酒でもこの微妙な温度によって味わい、香りが違ってくる。
「日本中央酒造組合」がいろいろな温度で実験した結果、「上燗の45度」で一番味わいが広がってよいという結果になったそうだ。


気に入った日本酒を温度帯で自分好みのお酒へと変化させることが出来る。

これもまたほかのお酒には出来ない日本酒だけの楽しみである。
gettyimages (552)

【記事】利酒師 上仙裕一