本格焼酎・泡盛の飲み方アラカルト - 飲食業界.com | 飲食店のための飲食業界専門の情報サイト
2018年12月17日 公開

本格焼酎・泡盛の飲み方アラカルト

 (3966)

本格焼酎と泡盛は、さまざまな飲み方を楽しめるお酒。
ちょっとした工夫で、風味や味、香りが一層引き立ち、おいしく飲めるのが特徴です。
お客様に色々な飲み方をご提案してみてはいかがでしょうか?




【前割り】


好みの割合に水で割った本格焼酎を1日か2日なじませてから飲むという方法。
水と焼酎がよくなじむため、風味もまろやかになり、
体にも優しい焼酎を飲むことが出来る、芋焼酎産地ではごく普通の飲み方です。



お店のカラーを出せる提供法です。
なお、酒税法では「前割り」は酒類の製造とみなされますが、特例で年間1kℓまでは許可されています。
 (3968)

【お湯割り】

本格焼酎は、焼酎6割、お湯4割の“ロクヨン”のお湯割りにすると、
アルコール度が15度で日本酒の燗と同じくらいの度数と温度になり、
旨みや甘みが増して本格焼酎本来の味と香りを楽しむことができます。


お湯割り用の陶器製カップなどにまずお湯を入れて、それから焼酎を加えてつくります。


お湯をまず入れ、次に焼酎を入れるとカップの中で対流がおこり、
攪拌しなくても自然に混ざりあい、香りがほのかに立ち昇るお湯割りが出来上がります。
好みの濃さと温度で楽しんでください。
 (3970)

【水割り】

清涼感があるので、暑い今年の夏にピッタリ。
焼酎を先に入れ、あとから水で割ることによって、口あたりがより柔らかくなります。
水割りは、香りと風味を残しながら、本格焼酎と泡盛がよりマイルドに楽しめる最も一般的な飲み方です。

【オン・ザ・ロック】
口に入れると広がる香りと味、甕(かめ)や樽貯蔵の焼酎はオンザロックがおすすめです。
グラスに氷を入れて、本格焼酎または泡盛を注ぎます。冷やされ一段と爽やかさを増し、
おいしくなります。加えてヒンヤリとしたノドごしが、若者や女性の人気の的。
 (3972)


【燗酒】
お燗は日本のオリジナル。鹿児島ではいも焼酎の伝統的な飲み方の一つにお燗があります。
「前割り」焼酎を「黒ぢょか」に入れて囲炉裏などで温めて飲むという方法。
風味を楽しみつつ、体にも優しい飲み方です。

宮崎県では20度物の燗酒、熊本県球磨地方では30度物の燗酒が飲まれます。
沖縄の「カラカラ」というとっくり様の酒器は鹿児島にも伝わり黒じょかに、
さらに球磨焼酎の人吉盆地に伝わり「ガラ」と呼ばれ、
炉端で燗をつけられるように、首が長くなっています。



本格焼酎・泡盛は多彩な料理のパートナーとして、料理と雰囲気を盛り上げてくれます。
お店ならではのご提供法を工夫してみてください。





【掲載団体】日本酒造組合中央会 http://www.japansake.or.jp/honkaku/index.html
所在地:東京都港区西新橋1-1-21
TEL:03-3501-0104